仮想通貨のすべてがわかる「エックスコイン・オンライン」

Counterpartyの今後の見通しについて

前のページへ戻る

通貨価値の上下イメージ

Counterpartyの仕組みとは

まず、Counterpartyとは、仮想通貨では既にメジャーになっているビットコインのブロックチェーンというものを利用し、オリジナルの簡易コイン、トークンと呼ばれているものが簡易コインということですが、その発行や交換、また、トレードすることのできるプラットフォームを指しています。

ビットコインのトランザクションに、カラードコインといわれる追加情報を加えることで、Counterpartyのトランザクションにすることができ、その自分のトークンを作り、受け取ったり送ったり、トレードをすることが可能です。

Counterpartyの今後の見通し

Counterpartyの今後の見通しとしては、利用者が増えていくと予想できます。海外に比べて、日本で人気が高くなっており、個人間での細々とした送受信ややりとりが、日本人のこれまでのコミュニケーションやインターネット上のやりとりと似ているからではないかと言われています。

仕組みも、送る・受け取る・トレードといった作業がメインとなっているところが分かりやすいです。セキュリティも、ビットコインのブロックチェーンを利用しており高く、オープンな環境で誰もがトークン発行しはじめられる手軽さも日本では受けています。

海外での見通しでは、ブルマーケット予想がされています。それが、ブロックチェーンへの過剰な注目や、ビットコインに対する不十分な評価とされています。
ビットコイン自体に価値はあるものの、ブロックチェーンやプラットフォームには大きな変化やメリットを感じる人数が減ってくると予想できます。

日本でのCounterpartyの価値はどうなるか

日本では、最近になってやっと規制の話が上がってきたようなものなので、国内のみでは大きな影響はないと思いますが、国内でも価値が拡大する可能性は低いでしょう。

2016年現在ですでに、評価は出ており、今後見通しが安定するとなれば、国内での利用者が増えるかどうかということが大きなミソになりそうです。

もし今後、スマートフォンなので話題に上がり、その手軽さ、安全さが広くアピールされることとなれば、ビットコイン自体の利用者が増え、Counterpartyも注目され、使用者からの価値を高めることができると予想できます。

今後、ビットコインへの注目や目に見えるアピールがあった場合には、Counterpartyの価値も比例して上がってくるのではないかと考えられます。そのため、見通しとしてはしばらくは上げ下げは少なく、今後コインの注目により上がる可能性があると言えます。