財布と通貨

イーサリアムクラシックという暗号通貨とは

暗号通貨、いわゆる仮想通貨と一般的に呼ばれているものは、ニュースなどで話題になる有名なものからマイナーなものまで何百種類のものが存在しています。 イーサリアムクラシックとはどのような暗号通貨か その中でもイーサリアムクラ…

通貨価値の上下イメージ

Counterpartyの今後の見通しについて

Counterpartyの仕組みとは まず、Counterpartyとは、仮想通貨では既にメジャーになっているビットコインのブロックチェーンというものを利用し、オリジナルの簡易コイン、トークンと呼ばれているものが簡易コイ…

銀貨

Counterpartyの市場価値

Counterpartyとは何か Counterparty(カウンターパーティー)は、暗号通貨であるビットコインのブロックチェーン上に作られている分散型金融プラットフォームのことです。 ビットコインは世界でもっとも流通し…

暗号化

Counterpartyはビットコイン取引の機能拡張が目的のプロトコル

Counterpartyは、ビットコインのブロックチェーンを活用した金融プラットフォームで、ビットコイン取引の機能拡張が目的のプロトコルです。 Counterpartyの特徴とは Counterpartyの特徴といえる機…

インターネットでの取引イメージ

暗号通貨ビットコインについて

最近、ビットコインという言葉を耳にすることも多くなりました。これは暗号通貨の一つです。 暗号通貨は利便性が高く安定した通貨 インターネット上で流通する仮想の通貨で単なるデータの一種のためそれ自体には何の価値もありません。…

仮想取引イメージ

プラットホームの一種であるFactom

Factomとは、仮想通貨の記録を維持する為のプラットホームの一種です。そのため厳密には暗号通貨と言い切ることができません。そのプラットホームを利用するために使用しているのが、Factoidという通貨で、これがないと利用…

コインの積立

仮想通貨システムDigixDAOとは

まずDigixとは、初期からのEthereumサポーターが、シンガポールで行っているプロジェクトです。Ethereumというブロックチェーンで金をトークン化しています。DigixDAOとはこれを指しており、暗号通貨のやり…

未公開通貨の雰囲気をだしている暗号通貨(仮想通貨)

いろいろな暗号通貨の種類について

暗号通貨というのは、暗号キーにその価値を付与したもので、それを通貨としたものです。インターネット上で流通している仮想通貨の一種であり、現在では広く使われています。 暗号通貨の肝はブロックチェーン技術 暗号通貨といえば、ビ…

銀貨

ライトコインが待ち受ける今後の見通し

2009年にビットコインが誕生し、仮想通貨の流れは2009年のこの時から始まりましたが、その際にオープンソース、いわゆる仮想通貨の設計図はこのようになっているということをすべて公開し、それを参考にしたものが数多く登場する…

タブレットに表示されたチャート

ライトコインのチャートを見てわかることは

ライトコインが取引をされるようになってからは、一時的に急騰したことがありましたがその後は落ち着いた動きをしています。一時的に2015年の7月には1900円近い値をつけましたが、その後は上昇も一服して300-500円台のレ…

Steemitのプラットフォームでは3種類の暗号通貨が使用されている

ライトコインにおける仮想通貨としての価値

ライトコインはビットコインに第二の仮想通貨と呼ばれており、ライトコインとビットコイン相互間の取引というのも行われるほど、その関係性は密接です。もともとライトコインはビットコインのオープンソースを参考にして作られており、当…

iPadで暗号通貨(仮装通貨)のイーサリアムで取引している

ライトコインの市場価値が高い理由

現代社会では現金よりも信頼を寄せている方が多い仮想通貨ですが、比較的歴史が浅くパイオニア的なビットコインが誕生したのは2009年です。 ライトコインはオープンソースの仕組みを活用 一人勝ちすると思われていた市場に突如とし…

コイン色々

リップルコインとライトコインをビットコインと比較してみました。

近年、ニュースなどで取り上げられるビットコイン。所謂仮想通貨と呼ばれるもので、ネット上にウォレットと呼ばれるものを作成してコインを購入し、ネットや現実の店舗で決済ができるものです。 リップルコインとライトコインの違い 近…

パソコンを使って取引

リップルコインウォレットの作成方法

リップルコインを取引するためには、最初に自分専用のウォレット(口座)を作成しなければなりません。ビットコインなど他の暗号通貨と同じように、パソコンやタブレット、スマートフォンなどインターネットにアクセスが可能な端末があれ…

電子取引

暗号通貨(仮想通貨)の安全性を担うブロックチェーン

暗号通貨(仮想通貨)は、投機目的として利用されたり、インターネットでのショッピングの決済等に利用されてきましたが、最近では、一部ではあるものの、リアル店舗でも決済できるところが徐々に増えています。 身近になりつつある暗号…