仮想通貨のすべてがわかる「エックスコイン・オンライン」

Dogecoinとは仮想通貨のひとつでジョーク通貨が始まり

前のページへ戻る

Dogecoinは柴犬がモデルとなっている仮想通貨

Dogecoinとは仮想通貨のひとつですが、その始まりはBitcoinなどをもじったジョーク通貨として誕生しました。

Dogecoinは柴犬がモデルの通貨

そのため、他の仮想通貨などとは違ってあくまでもお遊びとして使われることを想定したものではありましたが、仮想通貨の人気に伴ってDogecoinに関しても注目を集める存在となっています。

Dogecoinの名前からも分かる通り、柴犬がモデルになっている通貨であり日本の犬がモデルとなっています。発行上限がなくいくらでも掘り出すことができるものとなっているので、時間がたてばたつほど流通量が増えていくということになります。

それだけに価値に関してもビットコイン等と比較をするとかなり低いものとなっていて、現時点での投資対象としては魅力に乏しいものとなっていますが、仮想通貨の時価総額としては上位にランクインしている通貨でもあるため将来的にどこでどのように大きく上昇をするかわからないだけに、爆発力という点で見た場合他の通貨に負けず劣らずのポテンシャルを秘めていると言えるでしょう。

Dogecoinの今後の見通しは?

現状は値動きも比較的安定をしていますが、昨今の仮想通貨の注目度を考えるといつ急騰してもおかしくない状況ですから、将来性にかけて投資をするという意味では悪いものではありません。

しかし、本来生み出された目的がジョーク通貨ということもあってあくまでもその域を抜けきらない可能性もあり、玩具として扱われるようになってしまえば価値は今よりも下がってしまう可能性もあります。ただし、インターネット上のチップとして利用の拡大がされているので、どこかで何かを利用するのに使うことができるようになることも考えられるので、玩具として扱われるにしても柔軟なゲームの仮想マネーのように扱われればその価値は跳ね上がることもないとは言い切れません。

Dogecoinは楽しむための仮想通貨

決済目的で使用をされることもそれほど多いものではないので通貨としての利用のしやすさでは、他の仮想通貨に劣るものとなっていますから、投資対象あるいは遊び目的で取引をするというのがDogecoinに対する扱い方としては適したものといえるでしょう。

このようにDogecoinとはほかの仮想通貨と違って、通貨としての信用というよりはあくまでもDogecoinというものを楽しむ目的で取り扱われやすいものとなっていますが、これから先通貨としての価値も見直されるようになり、ほかの仮想通貨と並ぶ価値を持つ可能性もあるので目を離すことが出来ないものとなっています。