仮想通貨のすべてがわかる「エックスコイン・オンライン」

一般社団法人ブロックチェーン推進協会(BCCC)と シンガポール仮想通貨・ブロックチェーン産業連盟(ACCESS)が連携協定を締結

前のページへ戻る

~両国のブロックチェーンコミュニティの関係強化を図る~

2018年7月6日(東京)と9日(シンガポール)に、 東京とシンガポールのそれぞれにて、 一般社団法人ブロックチェーン推進協会(BCCC)とシンガポール仮想通貨・ブロックチェーン産業連盟(ACCESS)が、 Timetech財団のAndy Mankiewics氏(アンディ マンキェビッチ)の仲介によって、 両国のブロックチェーンコミュニティの関係強化を図るための提携協定が締結されました。 今後は両者でイベントやワーキンググループを通じて協業を図っていく。

 

 

シンガポールでの調印式 左:ACCESS Anson Zeal 中央:Timetech Andy Mankiewicz OBE 右:BCCC 平野洋一郎

シンガポールでの調印式 左:ACCESS Anson Zeal 中央:Timetech Andy Mankiewicz OBE 右:BCCC 平野洋一郎

ACCESS:
2014年に設立。 設立者 兼 会長 Anson Zeal(アンソン ジール)
現在の会員数は110人の個人会員と130人の企業会員。
ブロックチェーンと仮想通貨業界を代表して、 地元密着でオープンかつ明確なコミュニケーションを目標とし、 コミュニティのメンバーや当局と連携して、 ブロックチェーン技術と仮想通貨の開発を一貫してサポートしている。
ウェブサイト:  https://www.access-sg.org/

BCCC:
2016年4月設立。 設立者 兼 代表理事/インフォテリア社長 平野洋一郎
現在の加盟企業数は220社 。
仮想通貨関連やブロックチェーン開発に携わる企業だけでなく、 ブロックチェーンの活用をめざす事業会社の参画も行っている。
ウェブサイト:  http://bccc.global/en/

Timetech財団:
人々の貴重な資産“時間”の交換によって、 世界初の社会平等化を目標とし、 ブロックチェーンを用いた時間交換プラットフォームで、 慈善事業、 企業、 非営利団体においてtimetechトークンと時間クレジットの交換を可能にするプラットフォーム、 hourvillageを開発中。 時間の過ごし方、 繋がり方、 生き方に革新をもたらし、 国籍・性別・年齢・宗教・貧富の差・社会ステータスを超え、 “1時間”をすべての人々に平等な価値として扱う画期的なプラットフォーム。
ウェブサイト:  https://www.timetech.org/

アンディ・マンキェヴィッチ(名誉大英勲章OBE):
Timetech財団 設立者&代表取締役会長
日本に20年間、 シンガポールに8年間居住。 主にキャピタルマーケット、 M&Aやスタートアップに携わる。 デロイトトーマツでマネージメントコンサルタントとしてキャリアをスタートし、 アジアとヨーロッパのファイナンシャルサービス、 教育、 IT、 メディア、 不動産、 ラグジュアリーグッズ、 飲食、 ヘルスケア、 小売業を主としたビジネスを支援。
2007年-2010年に日本の英国商工会議所で会長を務め、 2007年-2011年は日本の欧州商工会議所の理事会メンバーとして日本と欧州の架け橋となる。 2011年の英国女王誕生記念叙勲にて、 日本と英国のビジネス発展貢献を讃えられ、 大英帝国勲章を授与される。
2017年-現在、 シンガポールのロータリークラブにて副会長を務めている。

  • シンガポールでの様子

    シンガポールでの様子

◇Timetech財団 運営サイト・SNS
ウェブサイト: https://timetech.org/
https://hourvillage.com/
Facebook: https://www.facebook.com/Timetech-Japan-561157197613879/
Medium: https://medium.com/@TimetechJ
Twitter: https://twitter.com/TimetechJ
Telegram: https://t.me/timetechTTEC_jpn