仮想通貨のすべてがわかる「エックスコイン・オンライン」

GMOコイン、全取り扱い仮想通貨のレバレッジ取引を開始 〜2018年5月30日よりビットコインに加え、人気のリップルを含むアルトコイン4種類を追加。新たにリップル、イーサリアム、ビットコインキャッシュ、ライトコインのレバレッジ取引が可能に

前のページへ戻る

GMOインターネットグループのGMOコイン株式会社(代表取締役社長:石村 富隆)は、 GMOインターネット(東証一部上場)グループで培われた金融サービス提供のノウハウを活かし、 安心して仮想通貨のお取引ができる環境を提供しています。 この度、 2018年5月30日より、 当社が提供する仮想通貨FX※(レバレッジ取引)のサービスに、 現行のビットコインに加え、 リップル、 イーサリアム、 ビットコインキャッシュ、 ライトコインの4種類のアルトコイン銘柄を追加し、 当社が取り扱う全5種類の仮想通貨について、 レバレッジ取引のサービスを提供開始しましたのでお知らせいたします。

【新たに4種類のアルトコイン銘柄のレバレッジ取引が可能に】
GMOコインでは、 ビットコインの他にリップル、 イーサリアム、 ビットコインキャッシュ、 ライトコインの全5種類の仮想通貨の現物売買を提供しております。 仮想通貨FXにおいては、 これまでビットコインのみ提供してきましたが、 リップルをはじめとするアルトコインの取扱いについてのご要望を多く頂戴していることから、 本日より当社が取り扱う全仮想通貨銘柄のレバレッジ取引の提供を開始しました。

【ユーザーのメリット】
人気の高いリップルを含むアルトコインのレバレッジ取引が可能となることで、 お客様の仮想通貨投資の幅が広がります。 さらに仮想通貨FXでは、 売りから取引を開始することもできるため、 下落相場の中でも利益を狙うことができます。

■注釈:
※仮想通貨FX:当社が提供する仮想通貨のレバレッジ取引サービスです。 詳細については以下のURLより当社公式サイトの該当ページをご参照下さい。
URL: https://coin.z.com/jp/corp/product/info/margin/ (GMOコイン「仮想通貨FX」の特徴)

【GMOコイン株式会社】(URL: https://coin.z.com/jp/
会社名   GMOコイン株式会社
所在地   東京都渋谷区桜丘町20番1号 渋谷インフォスタワー
代表者   代表取締役社長 石村 富隆
事業内容  仮想通貨の交換・取引サービスの提供
資本金   17.58億円(準備金含む)
登録番号  関東財務局長  第00006号(仮想通貨交換業)

<GMOコイン株式会社について>
GMOコイン株式会社は2016年10月に、 GMOインターネット(東証一部上場)グループの仮想通貨による投資の機会を提供する部門として設立され、 2017年9月には、 金融庁の仮想通貨交換業に登録されました。 GMOインターネットグループで培われたIT関連事業および金融事業における知見と豊富な金融実績を活かし、 堅牢なセキュリティと管理体制のもと、 仮想通貨のお取引ができる環境をご提供しています。 GMOコインは、 安心No.1の仮想通貨交換業者を目指すとともに、 仮想通貨業界の発展に貢献して参ります。