仮想通貨のすべてがわかる「エックスコイン・オンライン」

スター・マイカ、投資用中古マンション販売においてbitFlyerの提供するビットコイン決済サービスを導入

前のページへ戻る

スター・マイカ、投資用中古マンション販売においてbitFlyerの提供するビットコイン決済サービスを導入中古マンション市場のリーディングカンパニーとしてリノベーションマンションの供給を行うスター・マイカ株式会社(本社:東京都港区/代表取締役 水永政志/証券コード:3230)は、 国内最大*¹の仮想通貨・ブロックチェーン企業である株式会社bitFlyer(本社:東京都港区/代表取締役 加納裕三)のビットコイン決済サービスを東証一部上場企業の不動産会社で初めて導入し、 2018年5月11日(金)より仮想通貨決済による不動産取引を開始します。

サービス の概要
スター・マイカは、 不動産投資コンサルティングおよび投資用不動産販売・仲介を行う子会社スター・マイカ・アセット・パートナーズを通じて、 投資用中古マンションを販売する際の不動産売買代金を対象にビットコイン決済サービスを導入します。 決済にはbitFlyerが提供する「bitFlyerウォレット」を使用し、 1会計につき5,000万円相当のビットコインを上限にお支払いが可能となります。 決済はQRコードが表示されたタブレットの画面を、 お客様のスマートフォンカメラで読み取る仕様となっており、 数秒での決済が可能となります。
送金されたビットコインはbitFlyerが円に即座に換金する仕組みのため、 買主及び売主であるスター・マイカ双方が価格変動リスクを負うことがなく、 安全に不動産取引を行うことができます。

【スター・マイカにおけるビットコイン決済サービスの概要】
サービス対象:スター・マイカ・アセット・パートナーズが扱う不動産物件の売買代金
決済方法:「bitFlyer ウォレット」を使用
決済上限:1会計につき5,000万円相当のビットコイン

サービス開始の背景
昨今、 投資対象としてビットコインを中心とした仮想通貨が注目を集めております。 取得した仮想通貨を現金に換金するだけでなく、 新たな投資対象としてマンションの購入に利用するといった、 流動的な運用のニーズが増加すると予想されます。 ビットコイン価格の上昇で資産が膨らんだ投資家に照準を合わせ、 業界に先んじて、 投資用中古マンションの購入決済方法の選択肢として、 ビットコイン決済の導入を開始しました。

スター マイカ株式会社について
社名: スター・マイカ株式会社
設立: 2001年5月
資本金: 35億7,303万円
代表取締役: 水永 政志
本社: 〒105-6028 東京都港区虎ノ門四丁目3番1号 城山トラストタワー28階
事業内容: リノベマンション事業、 インベストメント事業、 アドバイザリー事業
会社HP: https://www.starmica.co.jp

株式会社 bitFlyer について
社名: 株式会社bitFlyer
設立: 2014年1月
代表取締役: 加納 裕三
本社: 〒107-6208 東京都港区赤坂 9-7-1 ミッドタウン・タワー 8F
事業内容: 仮想通貨交換業及びブロックチェーン開発・サービス事業
会社HP: https://bitflyer.com
*1 bitFlyerはビットコイン月間取引量、 仮想通貨取引サービス利用率、 仮想通貨取引アプリ利用率において国内最大となりました。 調査委託先マクロミル(2018年2月、 インターネット調査「仮想通貨・暗号通貨取引サービスに関するアンケート」)、 Bitcoin日本語情報サイト調べ。 2016年4月~2018年1月、 国内取引所の総月間出来高(現物/差金決済/先物取引を含む)