仮想通貨のすべてがわかる「エックスコイン・オンライン」

EMURGO、Cardanoの仮想通貨ADAが韓国最大手のプラットフォーム、メタップスプラスにて取引開始することを発表~ アジア初の仮想通貨を統合したモバイル決済プラットフォーム

前のページへ戻る

EMURGO(エマーゴ)は、 Cardano(カルダノ)の仮想通貨ADA(エイダ)が株式会社メタップスの子会社である韓国最大手のモバイル決済プラットフォームのメタップスプラスと提携することを発表。 これにより、 仮想通貨ADAはメタップスプラスのモバイルマーケティングとモバイル決済プラットフォームにおいて取り扱いが開始されることとなる。 仮想通貨ADAは、 2018年第三四半期までに、 33,000店以上のメタップスプラスのパートナーである店舗での決済や、 店舗との提携プロモーションで使用されることを予定している。

 

株式会社EMURGO(エマーゴ)(東京都渋谷区、 代表取締役社長・児玉健)は、 2018年5月9日、 Cardano(カルダノ)の仮想通貨ADA(エイダ)が韓国最大手のモバイル決済プラットフォーム、 株式会社メタップスの子会社であるメタップスプラス(代表取締役社長・Seungyeon Kim)において取引開始されることを発表しました。

今回のパートナーシップにより、 仮想通貨ADAはメタップスプラスのモバイルマーケティングとモバイル決済プラットフォームにおいて取り扱いされることになります。 メタップスプラスのアプリダウンロード・プラットフォームでは、 モバイルアプリが既に10億以上ダウンロードされており、 4万店以上の店舗でモバイル決済手段として年間1,000万回も利用されています。 仮想通貨ADAは、 2018年第三四半期までに、 33,000店以上のメタップスプラスのパートナーである店舗での決済や、 そうした店舗との提携プロモーションで使用されることを予定しております。

– 株式会社EMURGO 代表取締役社長 児玉健のコメント
「当社とメタップスプラスの提携によって、 仮想通貨ADAの利用はより急速に拡大することになり、 やがて韓国市場における新しい決済方法として認識されるようになるでしょう。 このプラットフォームを通じて、 共に新しい時代を切り開くことができるのを大変嬉しく思っています。 」

– IOHK 代表取締役社長 チャールズ・ホスキンソンのコメント
「Cardanoや仮想通貨の熱心な支持者のいる韓国で、 日常的な購入に仮想通貨ADAを使用できるようになるのは素晴らしいことです。 これによって、 仮想通貨の利用がさらに加速することを望んでいます。 」

– Cardano財団 会長 マイケル・パーソンズのコメント
「韓国はこれまで世界に先駆けて革新的な新技術の早期導入がおこなわれてきましたが、
メタップスプラスがCardanoの仮想通貨ADAの利用を決めたことにより、 不正行為がほぼ皆無で、 迅速なデジタルでの支払や決済が韓国で間もなく実行されることになります。 これにより、 一般的な仮想通貨や、 特にADAの利用拡大が進むでしょう。 」

– メタップスプラス 代表取締役社長 Seungyeon Kimのコメント
「私はEMURGOと提携し、 仮想通貨ADAを韓国最大のモバイル決済のプラットフォームの一つに統合することができ、 非常に嬉しく思っています。 当社は、 仮想通貨ADAの所有者、 店舗やプラットフォームのパートナーに売り上げや価値の増加をもたらすことに集中していきたいと考えております。 」

◆株式会社EMURGO
EMURGO(エマーゴ)は2017年、 Cardanoに特化したブロックチェーン技術の提供および投資を目的に設立されました。 Cardanoブロックチェーン技術を用いたベンチャー企業への投資および技術提供を通じて業界にイノベーションを起こすビジネスパートナーへ発展させ、 ブロックチェーンエコシステムを構築して参ります。 EMURGOの最新情報は、 Twitter、 またはFacebookの公式アカウントをフォローするか、 公式サイトをご覧ください。
https://emurgo.io/
https://twitter.com/Emurgo_Japan

◆Cardano財団について
Cardano(カルダノ)財団はスイス、 ツークに拠点を置くブロックチェーン及び仮想通貨組織。 財団は、 Cardanoプロトコルとその関連エコシステムを客観的に監視し教育する活動をおこない、 Cardano支援者がまとまり、 協力できる環境を作ることによりCardanoコミュニティとして機能しています。
財団の目的はブロックチェーンテクノロジーと仮想通貨の商業化・立法化に影響を与え、 前進させることです。 政府や規制当局にアプローチし、 事業体、 企業その他のオープンソースプロジェクトと戦力的パートナーシップを構築するために様々な方策をとっています。 財団はCardanoプロトコル、 テクノロジーの標準化・保護・促進をミッションとしています。
https://cardanofoundation.org/

◆IOHKについて
IOHKは2015年、 革新的なP2P技術を利用して、 銀行口座などを持たない30億人もの人々に金融サービスを提供することを目的に、 チャールズ・ホスキンソンとジェレミー・ウッドが設立したテクノロジー企業です。 研究所、 政府機関、 企業のために仮想通貨、 ブロックチェーンを構築するIOHKは分散型組織で、 既存の考え方を打ち破るアイデアを創出し実行するために、 小規模で革新的なチームによる取り組みを志向しています。 IOHKは、 よりフェアで透明性の高い秩序を前進させるテクノロジーの確立と開発に携わっています。
https://iohk.io/

◆メタップスプラスについて
メタップスプラスは、 株式会社メタップスのグループ会社で、 アプリダウンロード数が10億を越え、 オフライン取引のモバイル決済に年間1,000万件も利用されているフルスタックのフィンテック企業です。 メタップスプラスは2016年6月に韓国で初めてICOを行なった、 韓国を拠点とする企業です。 既存のプラットフォームやモバイルインフラ層を用いて仮想通貨を日常的に使用できるようにすることを主な目標としています。
http://www.metapsplus.com/