仮想通貨のすべてがわかる「エックスコイン・オンライン」

日本初 スマートフォンでのDappsブラウザ機能を仮想通貨ウォレットアプリ「tokenPocket」にて提供開始〜CryptoKittiesやForkDeltaなど、Ethereum上で提供される分散型アプリケーション(DApps)に対応

前のページへ戻る

トークンポケット株式会社(本社:東京都世田谷区、 代表取締役:林田智樹、 以下トークンポケット)は、 日本で初めて「分散型アプリケーション」(以下Dapps)のスマートフォンブラウザ機能を、 iPhoneアプリケーション「tokenPocket」において開始いたしました。

2018年は各アプリケーションへのブロックチェーンの活用が進み、 分散型アプリケーション”Dapps”やWeb3の市場への浸透が進む年になると予想されております。

トークンポケットは「スマートフォンでもDappsを利用したい」というニーズに対応し、 スマートフォンでのDappsブラウザ機能の提供を、 日本企業としては初めて、 開始致しました。
「tokenPocket」アプリでは、 「CryptoKitties*(  https://www.cryptokitties.co/  )」といったDappsを始めとして、 「ForkDelta*( https://forkdelta.github.io/ )」や「Bancor( https://www.bancor.network/ )」といったDex、 「RareBits( https://rarebits.io/ )」といったマーケットプレイスサービスに対応しています。

パスワードやログインIDの入力無しで、 ワンタッチでシームレスに各アプリケーションにログイン、 利用することが可能です。

□トークンポケット株式会社について
トークンポケット株式会社は、 トークンエコノミーに向けて、 スマホで安全に仮想通貨を管理できるソフトウェアウォレット&Dappブラウザアプリケーションアプリ「tokenPocket」を提供しています。

URL : https://tokenpocket.jp/
APP : https://itunes.apple.com/app/token-pocket/id1288636393

□Ethereumについて
Ethereumは、 時価総額世界2位の仮想通貨(※ 2018年 3月4日現在)で、 ユーザが独自に定義したスマートコントラクトを扱うことができる柔軟性の高い仮想通貨です。

□Dapps ブラウザ機能について
これまでEthereum上で提供されるDappsを利用するためにはPCブラウザ上の拡張機能「MetaMask*」を使用する必要がありましたが、 スマートフォンでの提供はされておらず、 スマートフォン上でのDappsの利用は簡単ではありませんでした。 tokenPocketを通じてウォレットを作成することで、 スマートフォン上でのDappsを簡単に利用することができるようになります。 多種多様なDappsが日々誕生しているため、 随時「tokenPocket」でも対応していく予定です。

□DEX について
分散型取引所(DEX)では取引を管理する「運営主体」が存在せず、 個人対個人で取引が行われ、 ユーザーは秘密鍵の管理を自ら実施します。 取引は全てその分散型取引所の存在するブロックチェーン上において実施されるため、 誰でもアカウント上の資産や注文履歴、 取引記録などを見ることができます。 一般的な中央集権型取引所と比べて、 保管や取引においてハッキングされる恐れが低いとされています。

□CryptoKittiesについて
イーサリアム上で動く、 世界初のブロックチェーン上で提供されたゲームの一つで、 仔猫育成ゲームです。 仔猫は見た目が違うだけでなく1匹ごとに異なるDNA情報を持ちデジタルアセットとしてブロックチェーンに記録されており、 保有者が自由に購入・育成・交配・売却などをすることが可能となっています。

□ForkDelta について
ForkDeltaは、 ERC20トークンが最も多く上場されている分散型のイーサリアムトークンの取引所です。
現状はオープンソースとなっており、  元々運営されていたEtherDeltaのスマートコントラクトをフォークし、 パブリックな開発チームによって開発が進められています。