仮想通貨のすべてがわかる「エックスコイン・オンライン」

ビットフューリー、保険会社Beazley、ロイズの保険引受会社Risk Cooperativeがブロックチェーン基盤のリスク登録で提携〜エマーコインのブロックチェーンサービスが危機的状況にあるコミュニティーへの対応速度と安全性を向上

前のページへ戻る

【2018年5月1日、 米国・ワシントンD.C.】世界有数の包括的なブロックチェーン技術を提供するビットフューリーと、 特化型保険会社Beazley、 ロイズの保険引受会社Risk Cooperativeは、 本日、 初のブロックチェーンを基盤としたクライシス保険とリスク管理システムの構築において提携したことを発表しました。

提携三社は、 ブロックチェーンの事業サービスで台頭してきているエマーコインの開発チームとともに協働しています。

即時の対応を必要とする危機的状況下では、 保険会社、 リスクマネジメント会社、 対応機関となる各社は、 保険の適用を開始するために、 単一の正確かつリアルタイムの情報へのアクセスが必要となります。 ブロックチェーンを基盤としたシステムは、 すべての取引状況やデータを取得し単一の情報源を提供することで、 一貫性のある単一の保険内容を確認することができます。 この技術を利用し、 保険会社および保険引受会社は、 より迅速に対応し、 より効果的に危機的状況にあるコミュニティーをサポートすることが可能となります。

画期的な本プロジェクトは、 保険契約の正確な履歴を保護するとともに保険に関する情報をすべての組織がリアルタイムで共有することを許可するブロックチェーンの構築から始まりました。 200種以上の脅威に関するデータに反応し、 それらのデータを取得する最新の脅威インテリジェンスを採用し、 提携三社は、 スマートコントラクトやイベントログ、 通知サービス等を開発する予定です。

Risk CooperativeのCEOであるダンテ・ディスパルテは以下のように述べています。
「本パートナーシップの最終的な目的は、 危機の際に組織がすばやく効果的に行動できるようにすることです。 当社の顧客は、 リスクの防御と必要に応じた迅速な行動を求めています。 ブロックチェーンを基盤としたリスク登録システムにより、 多くのプロセスの合理化、 自動化が可能になりますが、 より重要なのは、 個人や組織、 コミュニティーの切実なニーズに対し最も効果的に対応できるということです。 」

ビットフューリーのCEOを務めるヴァレリー・ヴァヴィロフは以下のように述べています。
「ブロックチェーンは信頼の同義語です。 ブロックチェーンはプロセス、 システムにおける信頼、 そして関係者間の信頼をデジタル化することができます。 保険の“デジタル・オラクル”を構築することで、 保険プロセスをはるかに効率化するとともに契約者のニーズを優先づけすることが可能となります。 」

Beazleyの政治テロ保険引受人であるクリス・パーカーは次のように述べています。
「物理的なセキュリティ適用範囲にテクノロジーを利用したアプローチを構築することは、 当社が危機的状況下で顧客をサポートする方法を大きく変える上での第一歩です。 保険適用期間全体を通して全ての関係者にとって透明性と説明責任の好循環をもたらします。 それは真の変革となり得る多大なポテンシャルを秘めています。 」

エマーコインの最高技術責任者であるオレグ・ホヴァイコは、 次のように述べています。
「エマーコインは、 保険業界に革新的なソリューションをもたらすブロックチェーンサービスにおける新たなリーダーです。 ビジネスと顧客へのサービスのやり方を大きく変えるチームの一員であることを嬉しく思います。 」

***

Risk Cooperativeについて
ロイズの保険引受人であるRisk Cooperativeは、 専門的な戦略、 リスク、 保険顧問会社であり、 全米50州、 ワシントンD.C.、 プエルトリコにおいて革新的なリスク移転および保険の組成、 運用、 サービスのライセンス認可を受けています。 Risk Cooperativeは、 大手保険会社や付加価値型パートナー提携し包括的なサービスとソリューションの提供を通じて、 組織がリスク、 即応性、 回復力に対応するサポートを行っています。 ワシントンD.C.にパートナー企業Ridge Globalとともに本社を構え、 3つの異なる戦略、 リスク、 投資の分野を結集しリスクから価値を引き出します。 詳しくは http://www.RiskCooperative.com (英語)よりご確認いただけます。

Beazleyについて
Beazley plcは、 欧州、 米国、 カナダ、 中南米、 アジア、 オーストラリアで事業を展開する特化型保険会社の親会社です。 Beazleyは、 ロイズの6つのシンジケートを運営し、 2017年には世界で総保険料23億4,400万ドルの保険引受を記録しました。 ロイズのシンジケートはすべてA.M. Best社よりAの格付けを取得しています。 Beazleyの米国の引受会社は、 さまざまな特化型保険商品のアンダーライティングに注力しており、 公認保険の市場では、 全米50州でライセンス認可を受けた、 A.M. Best社によるA格付け取得業者のBeazley Insurance Company, Inc.が保険を提供しています。 非公認保険の市場では、 ロイズのBeazleyシンジケートが保険を提供しています。 Beazleyは、 企業補償、 プロパティ、 海上、 再保険、 事故、 生命保険、 政治リスク、 事業中断保険といった多くの専門分野におけるマーケットリーダーです。

エマーコインについて
仮想通貨であり、 様々な分散型認証サービスを提供する分散型ブロックチェーンプラットホームです。 エマーコインは高い信頼性、 ロバスト性に加えて、 PoW (プルーフ・オブ・ワーク)、 PoS(プルーフ・オブ・ステーク)、 マージドマイニングという3つのマイニング方式を組み合わせたハイブリッドマイニングを特徴としています。 エマーコインのプラットフォームは、 ネットワークセキュリティーサービスのEmerSSL、 EmerSSHや分散型ドメインシステムEmerDNS、 偽造防止ソリューションのEmerDPO、 ボイスオーバーIPソリューションのEMUMERなどをサポートしています。

ビットフューリーについて
世界有数の包括的なブロックチェーン技術サービスを提供するビットフューリー・グループ(Bitfury Group)は、 ブロックチェーンエコシステムにおいて民間で最大規模を誇るインフラプロバイダーです。 ビットフューリーは、 企業、 政府機関、 団体および個人が、 ブロックチェーン上で資産を安全に移転させるために不可欠なソフトウエアおよびハードウエアソリューションを開発・提供しています。 2017年には、 ビットフューリーは個人、 企業、 政府機関が安全かつ容易に自身のアイデアやソリューションを実現できるカスタム可能なフレームワークであるExonumをローンチしています。 より詳しい情報は http://bitfury.com/ (英語)よりご確認いただけます。