仮想通貨のすべてがわかる「エックスコイン・オンライン」

ビットフューリーとBASIS ID、クリスタルをID認証サービスに統合 〜ビットフューリーのクリスタルがブロックチェーンでの取引におけるKYCとAMLをサポート

前のページへ戻る

ビットフューリーとBASIS IDは、 本日、 アジアおよびヨーロッパで展開されている顧客ID認証サービスであるBASIS IDツールとビットフューリーのクリスタル・ブロックチェーン分析サービスを統合する合意を締結したことを発表しました。

世界有数の包括的なブロックチェーン技術を提供するビットフューリーと、 顧客確認(Know your customer、 以下KYC)やマネーロンダリング防止サービスをアジアで展開するBASIS IDは、 ビットフューリーの開発したブロックチェーン上でのアクティビティの特定および分析を行うツールであるクリスタルを使用してBASIS IDの顧客ID認証サービスをよりよいものにすべく連携していきます。 クリスタルとの統合により、 現在BASIS IDが対応していない、 ビットコイン・ブロックチェーンからのデータを統合することで、 BASIS IDのソリューションをさらに強化することになります。

統合が完了すると、 クリスタルはBASIS IDに対する新たなデータプロバイダとなり、 広範な未開拓のブロックチェーンデータにアクセスすることが可能となります。

ビットフューリーのCEOを務めるヴァレリー・ヴァヴィロフは以下のように述べています。
「クリスタルはBASIS IDのKYCのサービスを補完するのに最適であると考えています。 クリスタルを利用することで企業はビットコイン・ブロックチェーンからの膨大なデータにアクセスできるため、 より簡単にKYCの展開やマネーロンダリング防止のチェックを包括的に行うことが可能となります。 」

ブロックチェーン上での取引が増加する中、 売買回転率を監視するため、 クリスタルのような分析ツールを持つことがより重要となってきています。 今回のパートナーシップにより、 ビットフューリーとBASIS IDは、 企業や公的機関がコンプライアンスを確実に遵守するためにブロックチェーンの分析を使用したソリューションを開発する第一歩を踏み出しました。

BASIS IDのエグゼクティブ・ディレクターを務めるアキム・アルヒポフは以下のように述べています。
「BASIS IDのデータ認証技術を使用することで、 クリスタルは他のKYCプロバイダでは対応できないような国も含めたあらゆる国において、 経済制裁違反やマネーロンダリング、 テロリストへの資金供与を監視するための強力なツールとなるでしょう。 実際には違法行為の危険性はこうした国でこそ特に高くなっているのです。 クリスタルを使用すれば、 企業や公的機関は資金の出処に関する透明性のあるレポートを提示し、 国家規範や規制に事業活動が準拠していることを証明でき、 投資家やプロジェクト創設者に対する法的措置を防ぐことが可能となります。 」

 

ビットフューリーについて
世界有数の包括的なブロックチェーン技術サービスを提供するビットフューリー・グループ(Bitfury Group)は、 ブロックチェーンエコシステムにおいて民間で最大規模を誇るインフラプロバイダーです。 ビットフューリーは、 企業、 政府機関、 団体および個人が、 ブロックチェーン上で資産を安全に移転させるために不可欠なソフトウエアおよびハードウエアソリューションを開発・提供しています。 2017年には、 ビットフューリーは個人、 企業、 政府機関が安全かつ容易に自身のアイデアやソリューションを実現できるカスタム可能なフレームワークであるExonumをローンチしています。 より詳しい情報は http://bitfury.com/ (英語)よりご確認いただけます。

クリスタルについて
クリスタルはブロックチェーンの包括的な捜査ツールです。 法執行機関および金融機関向けに設計されたクリスタルは、 パブリックブロックチェーンのエコシステムの概観を提供し、 高度な分析およびデータ収集を通して疑いのもたれる取引や関連団体のマッピングを行います。 ビットコイン取引を実在する組織と結びつけ、 犯罪行為者間の関係を特定し、 オンラインでの疑わしい行為を調査することで、 クリスタルは捜査の進展に貢献します。

BASIS IDについて
BASIS IDは、 企業に顧客確認(KYC)サービスを提供するプロバイダであり、 アジアおよびヨーロッパに拠点を構え世界中でデータ認証サービスを提供しています。 BASIS IDは個人情報の分析技術や運用の分野における革新企業です。 自社開発を行っているため、 KYCプロバイダの中で最も多くの国でサービスを展開しており、 さらにはデータ認証のオプション数も最も多く備えています。 BASIS IDはウェブ上でのビジネスリレーションを安全なものとし、 顧客に対してあらゆる規制を遵守していることを保証しています。