仮想通貨のすべてがわかる「エックスコイン・オンライン」

LINEが仮想通貨参入。さらにリップルがドバイの最大手取引所に上場決定。

前のページへ戻る

~ 対話アプリのLINEは31日、仮想通貨の取引などを手掛ける金融子会社を設立したと発表した。LINEのアプリ経由で「ビットコイン」などの仮想通貨の売買をできるようにし、スマートフォン(スマホ)のアプリを使った決済サービスとも連動させる。
新設した金融子会社「LINEフィナンシャル」の資本金は50億円。サービスの開始時期は未定だが、すでに金融庁に仮想通貨交換業の登録を申請しており、登録後に仮想通貨の売買のサービスを開始したい考えだ。新会社は仮想通貨に使われる基盤技術「ブロックチェーン」の開発のほか、ローンや保険などの金融商品の販売も手掛ける。
同日、仮想移動体通信事業者(MVNO)としてLINEが手掛ける携帯電話事業で、ソフトバンクグループ傘下のソフトバンクと戦略提携することで基本合意し… ~

大手企業の参入が続く仮想通貨業界についにLINEが参入するようです。
また、サムスンがマイニング用チップに対する重要の高まりにより事業の活性化を見込んでいると発言。マイニング用のチップ製造にも取り組んでいるようです。

他にも、リップルがドバイの最大手取引所、Bitoasisに上場する事も決まったようです。
各国の規制強化やコインチェックの流出事件などネガティブな材料ばかりが続きましたが、ようやくポジティブなニュースが届きました。