仮想通貨のすべてがわかる「エックスコイン・オンライン」

コインチェック不正送金事件をうけて、サイバーセキュリティー集団のHackenが提案 〜取引所のコインチェックへのハックにより、仮想通貨マーケットの安全性の確保が急務となる

前のページへ戻る

この記事は、 最初のトークン型サイバーセキュリティーエコシステム、 Hacken(ハッケン)によって書かれた。

日本の仮想通貨取引プラットフォーム大手の「コインチェック」がハッキングにより、 5000万NEMコイン(XEM)、 400ミリオンUSドル相当の損害を被った。 仮想通貨史における最高額の盗難被害だ。 コインは不正に他アカウントへ移転された。

盗難発覚から「コインチェック」は取引中止を余儀なくされ、 その日の取引営業も損害(ダメージ)を受ける事になった。 まずはXEM貯蓄、 全ての引き出し、 そしてその他全ての仮想通貨や日本円までも。

コインチェックによる被害報告の詳細はまだだが、 NEM財団のロン・ウォン(プレジデント)によると、 「このハックはNEM発行によるものでは無い。 」と断言。 そして「NEMのテクノロジーは無疵。 」と
また彼は、 セキュリティーを強化するために、 NEMマルチ−サイン スマート契約を使用する事を強く進言した。
ウォンの発言にも関わらず、 このハックのせいでXEMの価格は14%も下落した。 同じくビットコインも下落。 また、 多額のリップル(XRP)がコインチェックから移転され、 XRPの価格にも悪影響があった。
コインチェックへのハックは、 BitfinexやParity、 DAO、 BlackWalletなどの取引所やウォレットへの深刻な攻撃のシリーズで、 最近のものとなった。

日本は、 世界の仮想通貨市場でも大きなシェアを持っており、 2014年のマウントゴックス取引所の破綻以来、 政府も規制の導入に積極的だ。 しかしながら、 コインチェックは未だライセンスは取得していない。 韓国では、 セキュリティーレベルが低いクリプト通貨取引所を取り締まり、 データプライバシーとプロテクションが弱い者を処罰した。
増加するハッキング事件は、 より堅牢なセキュリティーの必要性を浮き彫りにする。 特にクリプト通貨関連のプラットフォームやサービスでは、 脆弱性が未開拓で攻撃を受けやすい状態。 まして多くのサイバー犯罪者が未特定な上、 捕まっていないのは全く助けにならない。

企業は、 背任や損失を阻止するためのアプローチをもっと率先して要求する。 仮想通貨の世界は、 『ワイルド、 ワイルド、 ウェスト(未開拓で野蛮な西部)』として見られているので、 悪者がもっと大惨事をもたらすのを防ぐために、 商売にはバウンティーハンター(懸賞金ハンター)が必要だ。

HackenはHackenProof(ハッケンプルーフ)とその他のサイバーセキュリティーソリューションを提供する。 サイバーセキュリティーのプロフェッショナルと企業を繋げる事で、 Hackenのホワイトハットの専門技術やブロックチェーンの技能に裏付けされたベネフィットがうまれる。 ところで、 我々は現在、 脆弱性アセスメントの研究を行っているので、 アーリーアダプターは、 コンタクトする事を推奨する。
https://hacken.io/

原文(英語)は以下の通り

Coincheck Exchange Hack Highlights the Urgent Need for Security in the Cryptocurrency Market
This article was written by Hacken, the first tokenized cybersecurity ecosystem.

Coincheck, one of Japan’s major cryptocurrency exchange platforms, suffered a hack resulting in the loss of more than 500 million NEM coins (XEM) valued at around US$400 million. This amounts to the biggest theft in the history of cryptocurrency. The coins were illicitly transferred to one account.
The discovery of the theft has also cost Coincheck one whole day of operations so far, as they were forced to halt transactions – firstly with XEM deposits, followed by all withdrawals, and finally all trading of other cryptocurrencies as well as the Japanese Yen.
Coincheck has not released further details about the breach. However, Lon Wong, President of the NEM.io Foundation, confirmed that the hack is not due to a NEM issue and that NEM’s technology is intact. He strongly advised that all exchanges use NEM’s multi-signature smart contract for better security.
Despite Wong’s statement, the hack caused XEM’s price to fall by as much as 14% as of writing. Bitcoin (BTC) has also experienced declines. Additionally, reports of a large Ripple (XRP) transfer from Coincheck has also affected XRP’s price negatively.
The Coincheck hack is the most recent of a series of serious attacks on exchanges and wallets, including Bitfinex, Parity, DAO and Stellar Lumens’ Blackwallet, to name just a few.
Japan has a large share in the world’s cryptocurrency market, with active government participation seeing the introduction of regulation and oversight since the Mt. Gox exchange collapse in 2014. However Coincheck has yet to receive a license. South Korea also recently cracked down on cryptocurrency exchanges with weak security levels, penalizing those with poor data privacy and protection.
The increasing number of hacking incidents highlights the need for tighter security, especially as vulnerabilities remain largely unexplored for many cryptocurrency-related platforms and services. It does not help that most of the cybercriminals have yet to be identified and prosecuted.
Companies require a far more proactive approach to prevent breaches and losses. The cryptocurrency world is widely regarded as the wild, wild, west, and so businesses need bounty hunters that can stop the bad guys from wreaking further havoc. Hacken offers HackenProof and other cybersecurity solutions, which connects cybersecurity professionals with businesses, resulting in benefits backed by Hacken’s white hat expertise and blockchain proficiency. By the way, we are currently running research on Vulnerability Assessment and early adopters are encouraged to contact us.