仮想通貨のすべてがわかる「エックスコイン・オンライン」

OKExに仮想通貨エマーコインが上場〜ビットフューリーによるエマーコインへの投資に続いて上場が決定

前のページへ戻る

【2018年1月19日、 香港】世界の投資家に先進的な金融サービスを提供する、 世界有数の仮想通貨取引所であるOKExは、 本日、 新たな仮想通貨であるエマーコインの上場を発表しました。 上場時期は2月上旬を予定しています。 香港郊外に拠点を置くOKExは、 現在取引量30億ドル以上を誇る世界で5番目に大きな取引所です。OKExのCEOを務めるクリス・リーは以下のように述べています。
「ユーザーに新たな投資の選択肢を提供できることを光栄に思います。 これまでオンライン上で新たなトークンやその先物の取引を実現するよう注力してきました。 今回、 その努力が報われたことを非常に嬉しく思います。 エマーコインやエマーコインのコミュニティを歓迎したいと思うと同時に、 今後もユーザーの皆様に最高のサービスを提供できるよう邁進していきます。 」今回のOKExの決定の直前には、 世界有数の包括的なブロックチェーン技術を提供するビットフューリーが今後のアプリケーションの領域を拡大する目的で、 エマーコインへの投資およびサポートを開始しています。ビットフューリーのCEOであるヴァレリー・ヴァヴィロフは以下のように述べています。
「PoWとPoS方式のマイニングで大きなポテンシャルを持つエマーコインを上場するというOKExの決定を非常に嬉しく思います。 ビットフューリーは今後数ヶ月で、 高い柔軟性およびセキュリティを有するエマーコイン・テクノロジーの創造的な活用法を開発していき、 世界中の政府機関や企業、 研究機関および個人が抱える難題を解決する新たなパイロットプロジェクトの立上げを目指しています。 」OKExについて
OKExはブロックチェーン技術を使用し世界の投資家に先進的な金融サービスを提供する、 世界有数の仮想通貨取引所です。 2014年に設立されたOKExは、 VenturesLab、 Ceyuan Ventures、 Qianhe Capital Management、 eLong Inc., Longling Capital、 Giant Network Group等の大企業から数百万ドルもの出資を受けています。 OKExは、 取引量ベースで世界トップの仮想通貨取引所の一角をなしており、 100カ国以上に2,000万人以上の顧客を擁します。 OKExでのビットコイン先物取引は一日当たり15億ドルに上り、 仮想通貨業界の代表的な取引所として広く認知されています。

エマーコインについて
エマーコインは仮想通貨であり、 様々な分散型認証サービスを提供する分散型ブロックチェーンプラットホームです。 エマーコインは高い信頼性、 ロバスト性に加えて、 PoW (プルーフ・オブ・ワーク)、 PoS(プルーフ・オブ・ステーク)、 マージドマイニングという3つのマイニング方式を組み合わせたハイブリッドマイニングを特徴としています。 エマーコインのプラットフォームは、 ネットワークセキュリティーサービスのEmerSSL、 EmerSSHや分散型ドメインシステムEmerDNS、 偽造防止ソリューションのEmerDPO、 ボイスオーバーIPソリューションのEMUMERなどをサポートしています。

ビットフューリーについて
世界有数の包括的なブロックチェーン技術サービスを提供するビットフューリー・グループ(Bitfury Group)は、 ブロックチェーンエコシステムにおいて民間で最大規模を誇るインフラプロバイダーです。 ビットフューリーは、 企業、 政府機関、 団体および個人が、 ブロックチェーン上で資産を安全に移転させるために不可欠なソフトウエアおよびハードウエアソリューションを開発・提供しています。 ビットフューリーは個人、 企業、 政府が安全かつ容易にアイデアやソリューションを実現するためのカスタム可能なソフトウエアであるExonumを販売しています。 より詳しい情報は http://bitfury.com/ (英語)よりご確認いただけます。