仮想通貨のすべてがわかる「エックスコイン・オンライン」

仮想通貨に対する興味、イメージは?〜お金と仮想通貨に関するアンケート調査

前のページへ戻る

この一年間で急激に検索数が伸びている最近話題の「仮想通貨」。
お金と仮想通貨に関する実態について調査しました。

マーケティングリサーチ会社の株式会社マーシュ(東京都渋谷区渋谷、 代表取締役:町田正一)は、 全国20代~50代男女を対象とした「お金と仮想通貨に関するアンケート調査」を実施し、 その結果を11月30日に公開しました。 調査日は2017年9月29日(金)~10月2日(月)で、 同社が運営する「D STYLE WEB」のアンケートモニター会員を対象に実施しました。【調査結果】

普段のお買い物で、 あなたが実際に使っている支払い方法をすべてお答えください。 (MA) n=800

現金        97.4%
カード類      83.1%
モバイル端末    15.3%

支払い方法

支払い方法

実際に使っている支払い方法

実際に使っている支払い方法

⇒モバイル端末での支払いは、 機能があると答えた人は全体の24.6%だが、 実査に使っていると答えた人は15.3%であった。

「仮想通貨」についてどの程度ご存知ですか。 (SA) n=800

< 全体 >
詳しく知っている        8.0%
なんとなく知っている     40.0%
言葉だけ聞いたことがある   35.5%
知らない           16.5%

「仮想通貨」の認知

「仮想通貨」の認知

⇒仮想通貨について「詳しく知っている」は8.0%、 言葉のみの認知者も含めると83.5%であった。

「仮想通貨」という言葉からあなたが連想する言葉を、 1つだけお答えください。 (FA) n=800

仮想通貨という言葉から連想する言葉を、 モノの名前、 イメージ、 印象、 感情など種類にこだわらず1つだけ回答してもらった。 その結果、 最も多かった回答は「ビットコイン」で、 全体のおよそ4割を占めた。
また、 「危険」「不安定」「怪しい」「怖い」「詐欺」といった、 ネガティブなイメージのワードを上げた回答 者が全体の約3割を占めており、 「便利」「未来的」「革命」といった比較的ポジティブなワードを挙げた回答者はごくわずかで3%にも満たなかった。 その他に少数の回答としては、 「仮のお金」「電子マネー」「投機」「ネット」「ゲーム」「見えない価値」「価格変動」といったワードが挙げられた。

【すべての調査結果はこちら】
https://www.marsh-research.co.jp/mini_research/mr201711money.html
※上記ページにて、 簡易レポートおよび集計表を含むデータを無料でダウンロードしていただけます。

【調査内容】
・基本属性(性別、 年齢、 居住地、 未既婚、 職業、 個人年収、 個人金融資産)
・普段の買い物で使うことができる支払い方法(MA)
・普段の買い物で実際に使っている支払い方法(MA)
・使える支払いが現金のみ】支払いに使えるカード・モバイルを持たない理由(MA)
・財布に「最低限これぐらいは入れておきたい」と思う金額(NA)
・財布に「これぐらい入っていれば、 まず安心」と思う金額(NA)
・財布に入っていると「(金額が多くて)気になる・気を遣う」と思う金額(NA)
・月々に使えるお金の管理方法(SA)
・理想的な支払い方法の使い分け方と、 その理由(SA・FA)
・「仮想通貨」の認知度(SA)
・「仮想通貨」を今後保有したり使用することへの興味(SA)
・「仮想通貨」という言葉から連想する言葉(FA)

【調査概要】
調査名:お金と仮想通貨に関するアンケート調査
調査対象者: 全国の20代~50代男女、 有職者または専業主婦
有効回答数: 800s
割付:性別・年代均等
調査期間:2017年9月29日(金)~10月2日(月)
調査方法: インターネット調査
調査機関: 株式会社マーシュ
アンケートモニターサイト「D STYLE WEB」( http://www.dstyleweb.com/ )の登録会員を対象に実施