仮想通貨のすべてがわかる「エックスコイン・オンライン」

国内大手取引所QUOINE運営のLiquidグループが米国市場進出を発表【フィスコ・ビットコインニュース】

前のページへ戻る


日本で仮想通貨取引所のサービス展開を行っているQUOINE株式会社の親会社であるリキッドグループ株式会社は15日、プレスリリースにて、Virtual Currency Partners(VCP)と共に、合弁会社Liquid Financial USA Inc.(Liquid USA)を設立したことを発表した。

同新会社は米国市場への進出の第一歩となる。現在は米国の規制当局の認可を取得中で、具体的には2020年1月までにサービスを開始することを目標にしているという。

同プレスリリースによると、Liquid USAは米国で金融サービス事業を展開するIQX社を買収し、IQX社を通じて米国市場に参入するという。

リキッドグループ株式会社はシリーズCラウンドでの資金調達実施により、評価額が10億米ドル(約1,110億円)を超えたことで話題となった。これにより、未上場ながら評価額が10億ドル以上且つ設立から10年以内というユニコーン企業の定義に当てはまり、日本国内ではメルカリに次ぐ2社目となるユニコーン企業となっている。

(記事提供:コインポスト)
CoinPost(コインポスト)は、日本最大級の仮想通貨・ブロックチェーン総合情報メディアサイトです。国内外の情報を迅速に捉え、考察も含めたオリジナル記事を配信しています。

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です