暗号通貨とは

「暗号通貨(あんごうつうか)」とは?

ビットコインイメージ


暗号通貨?について


「暗号通貨」というものはインターネットの無かった時代にインターネットの説明をしたり、クレジットカードの無かった時代に説明をしたりというような「今までに無かった新しいもの」であるため、今までの知識や経験で理解しようとすると難しいかもしれません。

「暗号通貨」とは”Satoshi Nakamoto”と名乗る人物が投稿した論文(http://www.bitcoin.co.jp/の哲史白書)を元に作られたBitcoinと、それを改良して作られたコイン群の事を指さします。

仮想通貨という名称は、日本での通り名であり、海外では主に暗号通貨(Cryptocurrency)と呼ばれています。

「暗号通貨」とは、円やドル、金やダイヤモンド以上に利便性が高く安定していて、世界中で利用できる次世代の通貨を目指してつくられたインターネット上で流通する仮想通貨です。

また、セキュリティ対策として暗号技術が利用されている通貨でもあり、※「Virtual Currency(仮想通貨)」とも「価値記録」とも呼ばれ、公開鍵暗号、ハッシュ、その双方を用いた電子署名等の技術が利用されています。

※「仮想通貨(かそうつうか)」とは法定通貨に対して特定の国家による価値の保証を持たない通貨のことをいいます。


「暗号通貨」の価値について


では「暗号通貨」はどのように価値が決められているのか、わかりやすく説明してみましょう。

例えば「金」や「ダイヤモンド」があります。もっと身近に例えると高級食材の「マツタケ」や「キャビア」「トリュフ」などがあります。
これらはなぜ高価な値段なのでしょうか。

高級食材は天然のものなので原価は安いですが、発掘や収穫などにたくさんの労力が必要です。しかも大量生産することができないので、少量で高額になります。
「金」や「ダイヤモンド」は採掘量自体は決して少なくはないのですが、採掘や加工にお金と手間がかかるので、原価にそういった費用も上乗せされていきます。「金」や「ダイヤモンド」も高級食材と同じように希少価値が高いので、どれだけ産出しようと一定の量しか市場に流通しません。需要を常に下回る量しか供給されないので、価格が高止まりするのです。

「暗号通貨」とはこの「金やダイヤモンド」「高級食材」のように産出がある程度決まっています。暗号通貨自体に価値があると考える人が増えると「暗号通貨の価値」が上がり、それと「同等の価値のあるものとの取引」に利用されます。紙幣や硬貨こそ伴いませんが、通貨として使用することができます。

さらに「暗号通貨」は総量が厳しく制限されており、そのしくみと構造上、後から増やして使うことはできなくなっています。なぜなら、大部分の「暗号通貨」はその発行量が徐々に減少するよう設計されていて、貴金属のように将来的に流通する通貨の総量には上限が設けられているからなのです。

金融機関が保有したり現金としてやりとりされる普通の通貨と比べると、暗号通貨は法執行機関に押収されにくい「通貨」なのです。


「暗号通貨(仮想通貨)」と電子マネーの違い


「電子マネー」

一般的に利用されている電子マネーは、基本的にその地域で使われている通貨を使用し、電子的に決済を行うために存在しています。
紙幣や硬貨を利用せず、電子的に決済を実現しているものの、実態としては円という通貨をやりとりしていることになります。
貨幣を使わないで決済できるようにする「決済サービス」ということになります。

「暗号通貨」

暗号通貨を利用して商品(同等の価値のもの)を購入する場合は、まず手持ちの”円”という通貨を 暗号通貨に両替しなくてはなりません。 円を暗号通貨に両替して初めて暗号通貨での支払いが実現可能となります。


暗号通貨、仮想通貨、ビットコイン


暗号通貨の元祖と言えば「ビットコイン」です。
「ビットコイン」とは一言でいえば円やドルと違って、目に見える姿形がない「仮想」の「通貨」です。

ひと昔前の「仮想通貨」と言えば、オンラインゲームやWEBサイト内で使用するものであり、その企業の利益を考えて作られたものでした。一方ピットコインは国家単位で運営されている円やドルと同じく、経済活動を円滑に進めるために作られました。また世界中で日常生活に使用できるようになることを目標としています。

「暗号通貨」とは、暗号理論を用いて取引の安全性の確保、およびその新たな発行の統制をする仮想通貨です。

現在の世界の暗号通貨サービスは主にカジノですが、日本では発想力豊かな技術者たちの手によってクリーンで便利な通貨を目指している存在です。

一方では暗号通貨市場での競争など経済学者らは、たとえば最も人気な暗号通貨方式ビットコインのような大規模な競争者はその増大する取引プールの大きさからより多くの新規利用者を獲得し、結果として実効的に市場で優位となるという仮定を立てる傾向もあるようです。


暗号通貨の目的


暗号通貨の目的は、国家から独立した通貨を作ることです。

仮想通貨に紙幣や硬貨は存在せず、代わりにパソコンやスマートフォンをお財布代わりにして買い物をすることができます。

国家の枠組みを超えた世界共通の通貨(暗号通貨)をインターネット上に作り、経済活動を円滑に進めることが目的です。

この通貨の最大の特徴は「運営が存在しない」ということです。誰も管理せず、財政危機などで国家の信用が落ちたときに、その国の通貨の価値も下がるという不安がありません。国が大赤字で倒産しようと、暗号通貨は世界規模のためわたしたちに影響しないというメリットがあるのです。