仮想通貨のすべてがわかる「エックスコイン・オンライン」

ライトコインのチャートを見てわかることは

前のページへ戻る

タブレットに表示されたチャート

ライトコインが取引をされるようになってからは、一時的に急騰したことがありましたがその後は落ち着いた動きをしています。一時的に2015年の7月には1900円近い値をつけましたが、その後は上昇も一服して300-500円台のレンジで推移しています。

ライトコインのチャートは比較的おとなしい動き

ライトコインというのは流通量も多く、ビットコイン等と比較をすると希少性が低いものとなっていますからビットコインのように1ライトコインが何万円や何百ドルになるというのは簡単なものではありません。そのため、大きな材料が出なければ値動きに関しても緩やかなものであり、チャートも比較的おとなしい動きをしているということになります。

株などをしている人であればわかるかもしれませんが、発行株式数が多い銘柄をイメージしてもらえばよく発行株式数が多いことから、値動き自体はおとなしめでありチャート的にもそれほど激しい動きをする通貨ではないということになります。また、第二のビットコインを目指している通貨ではある一方で、所詮はビットコインの二番煎じにしか過ぎないという味方をすることができますから、そのような観点からすると価値が上がりにくいということも考えられます。

仮想通貨が注目されているからこその価値

それでも一時期の急騰を除いてみれば、チャート的には緩やかな上昇トレンドを描いているのも間違いなく、少しずつではありますが価値を上昇させています。

ただし、これは現在の仮想通貨に対する環境もプラスに作用しているということは忘れてはならず、仮想通貨が注目されているからこそ値がついているのであり、仮想通貨の信用が失われるような事件が起こったり、あるいは一強となるような仮想通貨が登場をしてほとんどの人がそれに移ってしまった場合には、ライトコインのチャートも暴落をする可能性はあるといえます。

チャートの動きは非常に重要

仮想通貨を取り巻く環境というのは現在不安定なものですから、どのような材料が出て大きく乱高下をするかはわかりません。また、材料が出ないおちついたい状態であればテクニカルによって動く着やすい状況となりますから、チャートの動きというのは非常に重要なこととなってきます。

ライトコインに投資をしてみようと考えている人は、ファンダメンタルズをしっかりと把握しておきながら材料が出ないときには値動きを負ってテクニカルで投資をするのが良いでしょう。将来的に魅力のある仮想通貨ではありますが、リスクも大きなものとなっているので、その辺を理解して値動きをよく見て投資をする必要があります。