仮想通貨のすべてがわかる「エックスコイン・オンライン」

ライトコインの市場価値が高い理由

前のページへ戻る

iPadで仮想通貨(仮装通貨)のイーサリアムで取引している

現代社会では現金よりも信頼を寄せている方が多い仮想通貨ですが、比較的歴史が浅くパイオニア的なビットコインが誕生したのは2009年です。

ライトコインはオープンソースの仕組みを活用

一人勝ちすると思われていた市場に突如として現れたのがライトコインという名のサービスです。非常に早いタイミングで現れたのですが、その理由はビットコインがシステム開発に用いたコードはオープンソースとして取り扱い、誰でも改良し別のシステムに代用しても良い事が関係しています。つまり、ライトコインはオープンソースの仕組みを活用し、改良した上で開発が進められ2011年に広がりをみせたのです。

従来のサービスの良い点はさらに良くし、不便に感じる点は改良したので非常に使い心地が良く、現時点では数々存在している仮想通貨の中において発行量が最も多いです。そのため、市場価値も年々高くなっているのですが、市場価値が高まっているのは開発者が以前Googleで働いていたという経歴も関係しています。Googleで働いていたというだけあり、システム開発に関しては言わずもがな高い技術を有しています。

今までにないブロック作成の速さ

そこで、後追いする事を考慮して生み出したのが、これまでのサービスでは見受けられなかった程の速さでブロックを作成するという事です。これまでの仮想通貨は、ブロックを作成するのは10分毎だったのですが、ライトコインにおいては2分30秒に一度作成する仕組みを導入したのです。

当然、作成する速さは早い方が良いのですが、高い技術を要する事になるので他の組織では採用したくても出来ないというのが実情です。世界でトップの大手検索エンジンの会社で働いていたからこそ取り入れることができた機能で、サービスを躍進させるきっかけになったのです。

一般人が利用するコンピュータの能力を考慮した処理速度

こういった点から、ライトコインでは利用者が度々変換することができた枚数を報告するという様子が目にできます。一般的には2100万枚程度であるものの、処理速度が速いという能力を活かし4倍にもなる8400万枚なのです。しかも、処理速度は開発者が差別化を図るために自己満足で追い求めているわけではなく、一般人が利用しているコンピューターのCPUの能力を考慮した結果です。

こうした配慮からわかるように、ライトコインは利用する全ての人々がこれまでのサービスとは異なり明らかに迅速だと感じる上に、コンピューターに対する負荷も小さくさせられるのです。次々と有能な開発者が参入していますし、市場価値はますます高まりそうです。