仮想通貨のすべてがわかる「エックスコイン・オンライン」

仮想通貨に対するアメリカ政府と中国政府の姿勢に違いが

前のページへ戻る

仮想通貨に対するアメリカ政府と中国政府の姿勢に違いが

仮想通貨を取り巻く環境

仮想通貨はクリプト・カランシーとも呼びます。このクリプト・カランシーは、デジタル通貨であることから、常にハッカーからの攻撃に対する脆弱性を露呈してきました。ここ最近でも香港にあるビットコイン取引所がハッカーに攻撃されたことで、その取引所にあった価値の36%が棄損するという事態にもなっているのです。

仮想通貨だけが避難されるべきではありません。価値が棄損する、すなわち通貨を盗まれることは法定通貨の日本円やアメリカドル、人民元にだって言えることなのですから。

お金を盗まれることは日常生活の中で起きうる事件です。そう考えると、仮想通貨がハッカーに盗まれるということは、その事件の舞台が日常から仮想空間へと移ったに過ぎないのです。

仮想通貨であるクリプト・カランシーについての不安は、日常の通貨にも当てはまることをよく理解することで、本来の仮想通貨に対する正確な判断が可能となるのです。

中国政府の後ろ向きな姿勢

仮想通貨であるビットコインは世界中で取引が活発に行われています。仮想通貨=ビットコインと考えている人も多いようですが、仮想通貨にはリップルコインやライトコインなどの種類もあり、全部で数十種類もの仮想通貨が存在します。

そんな仮想通貨に対して中国政府やアメリカ政府の異なった動きを知る必要があります。

まず中国政府は、クリプト・カランシーに関する開発へ積極的な一方で、ビットコイン取引所を閉鎖させるなど、人民元の海外流出に神経をとがらせています。

中国にはビットコインに関するベンチャー企業がいくつもありますが、中国政府のバックアップが受けられるのか、それとも縮小傾向に持っていかれてしまうのか、今後の動向から目が離せません。

アメリカ政府の期待と不安

アメリカ政府にも懐疑的な視点と積極的な視点が混在していますが、法整備を進めるなかで仮想通貨の市場を大きく成長させようとする意図がみてとれます。

アメリカ政府が懸念していることは2つあります。まず、仮想通貨がハッカーからの攻撃に対して脆弱であること。そして、仮想通貨が犯罪組織によって利用されていることです。

仮想通貨がハッカーの攻撃によって価値を損なわれたというニュースはよく聞かれます。また、仮想通貨が犯罪者のマネーロンダリングに利用されたというニュースも聞かれます。

一方でアメリカ政府関係者は、クリプト・カランシーが合法的な金融サービスであることも強く指摘しています。今後は、仮想通貨の長所を伸ばし、短所をいかに解決していくのか、新たな技術革新に期待が注がれます。