仮想通貨のすべてがわかる「エックスコイン・オンライン」

OECD、ICO発展のため各国当局に協調を要請【フィスコ・ICOニュース】

 経済協力開発機構(OECD)は1月15日に公表したレポートの中で、世界各国の規制当局に対し、イニシャルコインオファリング(ICO)の発展促進を目指し、協調した取り組みを要請した。文書によると、当局に規制やICOの監督の骨組みの明確化を要請。金融目的への安全な利用に向けたステップになると説明した。さらに、基本条件の開示、投資家保護の強化、マネーロンダリング対策、テロ資金調達対策の重要性を強調した。ICOのスピードやコストの有益性を失わずに、規制、監督の条件を強化する繊細なバランスが必要になると指摘し…

ICOプロジェクト、運営チーム自身への配当240億ドル=ビットメックス調査【フィスコ・ICOニュース】

香港拠点の大手仮想通貨取引所ビットメックスは仮想通貨データ分析企業トークンアナリストと共同で、ICO(仮想通貨技術を利用した資金調達、イニシャル・コイン・オファリング)のプロジェクトによって発行された108種類のトークンがイーサリアム(ETH)のネットワーク上でどのように資金移動されているか調査した結果を公開した。同調査によれば、プロジェクト発足当初においてトークン発行者(プロジェクトチーム)が自身に割り当てたICOトークンの価値は108のプロジェクト全体をあわせて242億ドル相当にのぼる。この24…

ICOプロジェクトの多くが、イーサリアムを売却している可能性【フィスコ・ICOニュース】

ICO(イニシャル・コイン・オファリング、仮想通貨技術を利用した資金調達)を実施した複数のプロジェクトのウォレットから、過去30日間に4161,000ETH分のイーサリアムが移動されており売却された可能性があるとする推測を、16日に仮想通貨データ分析を行うSantimentが発表した。Santimentが追跡する複数のICOプロジェクトのウォレットにおいて、8月には100,000ETH、9月には300,000ETHが送金によって無くなっていた。その額は徐々に増え、11月には1週間以内に100,000…

SEC長官、「ICOは信金調達の有効な手段だが、証券法は遵守すべき」【フィスコ・ICOニュース】

米国証券取引委員会(SEC)のジェイ・クレイトン長官が12月6日に行ったSECの年間活動報告に関するスピーチで、ICO(仮想通貨技術を利用した資金調達)について「起業家などにとって資金を調達するための有効な手段だと信じている。だが、新たな技術によるものとはいえ、ICOが有価証券に該当する場合は証券法を遵守しなければならないという原則がある」と発言した。SECの報告書によれば、クレイトン長官は「委員会は、分散型台帳技術、仮想通貨、ICOに関する調査にかなりの時間を費やしてきた。私は2019年もこの傾向…

SECのクレイトン委員長、「ICOは効率的である可能性も、証券法順守を」【フィスコ・ICOニュース】

 米証券取引委員会(SEC)のジェイ・クレイトン委員長は6日の講演で、イニシャルコインオファリング(ICO)は「起業家にとり、効果的な手段である可能性」を指摘しつつも、証券法に従わなければならないと訴えた。SECはフィンテック関連の機関としてFinHubを創設。革新や、法に従った資本調達を求めているどの起業家にも門戸が開かれていると、クレイトン委員長は加えた。委員長はまた、「委員会は、分散型レジャー(DLT)、デジタル資産、ICOに関して特に多くの時間を割いている」「この傾向は2019年も続く」と、…

ICO調査会社、第3四半期のICO市場は「全体的に絶望的」【フィスコ・ICOニュース】

ICO調査会社のICOマーケットが2018年第3四半期のICO市場調査について、15日付でレポートを公開した。同社は第3四半期のICO市場について「全体的に絶望的」とコメントしている。同レポートによれば、18年第3四半期に発表されたICOプロジェクトは597あり、調達額は2030億円を超えたものの、前期の9350億円から大幅に下回っている。また、597のICOプロジェクトのうち、57%が100,000ドル以上の資金調達を得ることができなかったという。第2四半期では、完了したICOプロジェクトの7%の…

国内のICOカレンダー概要一覧:11月15日更新【フィスコ・ICOニュース】

【プロジェクト】Twilight【セール実施期間】プレセール:2018年11月15日~2018年12月15日クラウドセール:2018年12月26日~2019年1月31日【概要】アニメ監督の山本寛氏が率いる制作スタジオ「トワイライトスタジオ」が主導するプロジェクト。アニメ作品の資金調達、生産、流通のための分散型クラウドファンディング・プラットフォーム「C2C(Creator to Customer)アニメ制作システム」を実現することを目指す。このプラットフォームにより、クリエイターとアニメファンをつな…

国内のICOカレンダー概要一覧:11月08日更新【フィスコ・ICOニュース】

【プロジェクト】Twilight【セール実施期間】プレセール:2018年11月15日~2018年12月15日クラウドセール:2018年12月26日~(終了日時は、決まり次第、公表予定)【概要】アニメ監督の山本寛氏が率いる制作スタジオ「トワイライトスタジオ」が主導するプロジェクト。アニメ作品の資金調達、生産、流通のための分散型クラウドファンディング・プラットフォーム「C2C(Creator to Customer)アニメ制作システム」を実現することを目指す。このプラットフォームにより、クリエイターとア…

国内のICOカレンダー概要一覧:11月1日更新【フィスコ・ICOニュース】

【プロジェクト】ICOVO【セール実施期間】※ホワイトリスト登録者にセールを実施。2018年6月22日よりホワイトリストへの登録受付を開始している。※プレセールは終了しています。フェーズ1は終了フェーズ2:2018年11月1日~2018年11月15日フェーズ3:2018年11月17日~2018年11月30日【概要】ICOが抱える3つの課題(1.詐欺による持ち逃げ、2.プロジェクト起案者のモチベーション低下によるプロジェクトの停止、3.参加プロセスの障壁の高さ)を解決するためのプロジェクト。イーサリア…

国内のICOカレンダー概要一覧:10月25日更新【フィスコ・ICOニュース】

【プロジェクト】STEM CELL COIN 再生医療を世界へ【セール実施期間】※プレセール第1期~第4期は終了クラウドセール:2018年10月16日~10月30日STEM CELLトークン付与公開: 2018年10月~12月【概要】日本美容再生医療学会を中心とするプロジェクト。提携病院において、幹細胞治療をはじめとした治療費を仮想通貨で決済可能にすること、AIとブロックチェーンを活用した画像病理診断システムの開発、医師と話せる遠隔診療やAIbot診断(患者が症状などに関する質問に答え、それをもとに…