仮想通貨のすべてがわかる「エックスコイン・オンライン」

財務省広報誌「ビットコイン先物が2017年仮想通貨バブル崩壊をもたらしたのか」【フィスコ・ビットコインニュース】

財務省は23日、財務総合政策研究所による研究レポート「暗号資産(仮想通貨)研究への誘い—先物、不正・規制、ICO を中心に」を財務省広報誌「ファイナンス」に掲載した。財務総研の石田良氏、服部孝洋氏との共同研究で、米国によるビットコインETFの申請の却下や中国によるICOの禁止を含め、不正・規制に係る学術研究のほか、ビットコイン先物と市場との相関性についても分析を進めたものだ。仮想通貨(暗号資産)に関しては、「運用開始当初は一部エンジニアなどにしか知られていなかった暗号資産も、今や時価総額にして約20…

ビットフライヤー、ブロックチェーン活用サービスの新会社を設立—加納氏が代表取締役に就任【フィスコ・ビットコインニュース】

大手仮想通貨取引所のビットフライヤーを運営するビットフライヤー・ホールディングスは24日、完全子会社となるbitFlyer Blockchain(ビットフライヤー・ブロックチェーン)を設立したと発表した。また同時に、ビットフライヤー・ホールディングスの取締役であった加納裕三氏は同社の取締役を退任し、新会社の代表取締役に就任したことが明らかとなった。同社は、今後、市場の拡大が見込めるブロックチェーン事業の更なる強化を図るため、グループにおいて新会社を設立することで、事業成長をさらに加速することを目的と…

マーチャント・バンカーズ、仮想通貨がもらえる株主優待を変更【フィスコ・ビットコインニュース】

国内の不動産投資や企業投資を手がけるマーチャント・バンカーズは24日に開催した取締役会において、2019年3月31日現在の株主への株主優待について、内容を変更することを決議したと発表した。同社は、2019年3月31日現在の株主名簿に記載された1万株以上保有する株主を対象に、仮想通貨「502 BAD GATEWAY TOKEN(Z502)」502 万枚、並びに「Z502 Watch」 1 個を贈呈するとしていた。しかし、「準備を進めていた過程で、対象の株主に不便や面倒をかけかねない事情が判明した」とし…

5月24日の仮想通貨市場【フィスコ・ビットコインニュース】

23日のビットコインは、85.6~87.4万円で推移している。早朝に87.4万円をつけると、二中は軟調な展開が続いたものの、85万円を割り込まず下げ渋る格好となった。5日線は下向きに転じており、終値でここを下回ってくるようだと、短期的な調整局面入りも意識される。一方、一目均衡表では転換線・基準線ともに横ばいでの推移が続いているものの、遅行線は価格との上方乖離を若干ながら広げている。また、ボリンジャーバンドでは、1σを上回る水準での推移を継続、1σ84.8万円あたりが目先の下値めどとして意識されそうだ…

トヨタ、東大とTRENDEとともにブロックチェーン活用のP2P電力取引の実証実験を実施【フィスコ・ビットコインニュース】

自動車世界大手のトヨタ自動車は23日、東京大学とTRENDEとともに、ブロックチェーンを活用し、電力網につながる住宅や事業所、電動車間での電力取引を可能とする次世代電力システム「P2P( Peer to Peer)電力取引」の共同実証実験を、6月17日よりトヨタの東富士研究所と周辺エリアで実施すると発表した。同実証実験では、分散型電源を保有する需要家(プロシューマー)と電力消費者が、電力を売買できる市場を介して、需給状況に応じた変動価格で電力を売買することの経済性を検証するほか、プロシューマーが発電…

米最大手の通信企業AT&Tがビットコイン支払いを開始へ【フィスコ・ビットコインニュース】

米国の最大手電話企業であるAT&Tが大手仮想通貨決済サービスBitPayと連携して、自社が提供するサービスの一部において仮想通貨ビットコインなどでの決済が可能となったことが発表された。これによりビットコインとビットコインキャッシュの受け入れが開始される。米国において最大級の通信企業であるAT&T社の請求書をビットコインやビットコインキャッシュで支払うことが可能となる。これにより同社の関係者は仮想通貨決済を受け入れる「米国初のワイヤレス・ネットワーク企業」になったと説明した。米国では、一部の州で税の支…

バイナンスなど仮想通貨取引所の公式サイト、アマゾンAlexaランキング大幅アップ【フィスコ・ビットコインニュース】

ビットコインなどを取り扱う仮想通貨取引所サイトの人気度が急速に高まっていることが、Amazon子会社でホームページのアクセス数などを調査可能な「Alexa Internet」によって明らかになった。Googleアナリティクスを使用した調査ではないので、必ずしも精度の高いものではないが、サイトの人気度を示す指標の一つとして知られる。注目すべきは、仮想通貨取引所バイナンスの公式サイトのデータだ。世界中の人々のインターネット利用頻度をもとにしたランキングで、世界911位にランクイン。90日前との比較で世界…

5月23日の仮想通貨市場【フィスコ・ビットコインニュース】

23日のビットコインは、83.2~88.4万円で推移している。未明に88.4万円をつけたのをピークに朝方には17日安値83.5万円を若干割り込み83.2万円まで下落した。昼頃にかけて85万円まで値を戻す場面もみられたものの、全般は84~85万円のレンジでの推移が続いた。ボリンジャーバンドでは、安値が1σを割り込んでおり、ここを明確に下抜けてくるようだと、調整色が強まってくる可能性がある。…

スタートバーン、SBIインベストメントより資金調達 アート×ブロックチェーンで連携強化【フィスコ・ビットコインニュース】

アートブロックチェーンネットワークの構築に向けた取り組みなどを行うスタートバーンは23日、SBIホールディングスの子会社でベンチャーキャピタルファンドの運用・管理を行うSBIインベストメントが運営する「SBI AI&Blockchain投資事業有限責任組合」を引受先とする第三者割当増資を実施したと発表した。2019年4月9日、同社はSBIアートオークションとともに、美術品オークション市場の活性化を目指し、ブロックチェーン技術を応用したアート作品に関する所有権の証明などの共同プロジェクトを2019年4…

矢野経済研究所、19年国内ブロックチェーン活用サービス市場規模は171億円か【フィスコ・ビットコインニュース】

矢野経済研究所は22日、国内ブロックチェーン活用サービス市場における、現況、領域別の動向、将来展望をまとめた調査結果について資料を公開した。同研究所は、国内のIT事業者、ブロックチェーン関連スタートアップ企業等を対象に、2018年12月~2019年4月、専門研究員による直接面談、電話・e-mailによるヒアリング、文献で調査を行ったとしている。同資料では、2019年度の国内ブロックチェーン活用サービス市場規模(事業者売上高ベース)は、171億5,000万円の見込みであり、2017年後半~2018年に…

ビットコインが逃避資産として優れている理由 米仮想通貨投資ファンドCEOが解説【フィスコ・ビットコインニュース】

米国の仮想通貨投資運用ファンドのモルガン・クリーク・デジタル社のCEOであるMark Yusko氏が米CNBCの経済番組「Fast Money」にてビットコインがリスク逃避のための資産として優れていると述べた。現在、米中貿易摩擦などで大きく揺れる金融市場に対してビットコインが優れている点を仮想通貨への投資に定評のあるMark Yusko氏が3つ挙げた。・年初来からの上昇率・相関性が低い・分散投資として最適Yusko氏は年初来から100%以上の上昇を見せているビットコインに対して、株式市場において重要…

仮想通貨のイベントスケジュール:5月23日更新【フィスコ・ビットコインニュース】

5月23日-5月24日:マルタ AI & ブロックチェーン・サミット(開催地:マルタ)5月30日-5月31日:ワールド・クリプト-ビットコイン、ブロックチェーン・アンド・サイバー-セキュリティ(開催地:カナダ)5月31日午後4時:CMEのビットコイン先物5月物SQ(日本時間6月1日午前0時)5月31日:日本ブロックチェーン技術サミット(JBTサミット)(開催地:日本)6月2日:地方創生トークンサミット2019~ブロックチェーンが紡ぎ出す地方の未来~(開催地:日本)6月3日-6月5日:マネー 20/2…

KYCコンサル、マネパソリューションズと業務提携 ビットポイントジャパンでサービス導入【フィスコ・ビットコインニュース】

本人確認(KYC)、マネーロンダリング対策(資金洗浄対策、AML)、テロ資金供与対策(CFT)などをチェックするサービス「Risk Analyze」を提供するKYCコンサルティングは22日、マネーパートナーズグループのマネーパートナーズソリューションズと、業務提携に関する契約を締結したと発表した。また同時に、同サービスについて、リミックスポイントの子会社で仮想通貨取引所を運営するビットポイントジャパンにおいて、既存口座のチェックや新規口座開設時のKYC業務での利用を開始したとしている。業務提携の背景…

ウォッカ、ビットコインを配布できるリアルウォレット「Wodca」アプリをリリース【フィスコ・ビットコインニュース】

トークンをリアルなカードで提供できるトークンプラットフォーム「Wodca(ウォッカ)」の提供を行うウォッカは22日、iOS版の「Wodca」アプリをリリースしたと発表した。「Wodca」はデジタルで手に取れないトークン(仮想通貨を含む)を物理的にシェア・プレゼントするためのウォレットカードである。これまではプラスチック製のカードで、ビットコイン(BTC)やイーサリアム(ETH)のウォレット配布を行っていたが、今回アプリの登場により、カードなしでもWodcaサービスに連携したビットコイン、イーサリアム…