暗号通貨(仮想通貨)の安全性を担うブロックチェーン

暗号通貨(仮想通貨)の安全性を担うブロックチェーン

暗号通貨(仮想通貨)は、投機目的として利用されたり、インターネットでのショッピングの決済等に利用されてきましたが、最近では、一部ではあるものの、リアル店舗でも決済できるところが徐々に増えています。

身近になりつつある暗号通貨

先日は、ビットコインによる支払いに対応する歯科クリニックが登場した事も大きなニュースとなり、我々の生活の中で身近になりつつある事を感じさせました。大手銀行でも、独自の暗号通貨(仮想通貨)の開発に着手することが発表され、その世界でイニシアティブを握ろうと、躍起になっています。国会でも、フィンテック、ブロックチェーンと言った言葉が飛び交い、通貨の在り方に、これまでに無い大きな変化が始まろうとしています。

暗号通貨の取引処理とマイニング

その暗号通貨(仮想通貨)の取引の処理は、いわゆる分散型コンピューティングで行われます。ビットコインを例にすると、取引の際に行われる暗号化処理は、細かいブロックに分けられます。専用のマイニングツールを起動すると、暗号化処理の一部のブロックを受信し、処理をした上で返送されます。そのデータは1箇所に集約され、暗号化処理が完結し、ビットコイン利用者は安全な取引を行うことが出来ます。

マイニングツールを起動した者は、分散型コンピューティングの暗号化処理を手伝った報酬として、低確率でビットコインが付与されることがあります。それは、1コインにも満たないような細かい欠片であることもあれば、ごく稀ではありますが、巨大なコインの塊であることもあります。この行為が、まるで鉱山を採掘して鉱物を見つけるプロセスに似ている事から、採掘、マイニング等と呼ばれています。それらの処理を行うコンピューターのネットワークをブロックチェーンと呼びます。

ブロックチェーンのリソース問題

しかし、ここで問題となるのが、そのブロックチェーンのリソースの問題です。いまのところ、最盛期のピークには及ばないものの、マイニングを続ける人は絶える事がありませんが、それでも処理できる総数には、おのずと限界があります。もしも、暗号通貨(仮想通貨)の利用者と、その取引の処理を担うマイニング利用者のバランスが崩れたとき、処理が滞ってしまう事が懸念されています。

大規模なマイニング専用のデーターセンターを用意して一角千金を狙うようなビジネスも登場し、そこへ更に個人が行うマイニングも加わる事で、現時点でブロックチェーンのリソースが枯渇する事は無いとされていますが、今後の普及と利用者の増加を考慮すれば、暗号通貨(仮想通貨)利用者とのバランスが、安全な取引を行うための鍵を握っています。