仮想通貨のすべてがわかる「エックスコイン・オンライン」

インドネシア政府、仮想通貨先物取引合法化を正式発表。各国が仮想通貨に対して法整備を進める中、日本の規制は厳しすぎないか?取引所、弁護士、エンジニアの専門家が検証する。

田口仁(DMM Bitcoin)、小飼弾(ディーエイエヌ)、河合健(弁護士)、喜屋武ちあき(アイドル)が語る。 インドネシア政府が仮想通貨先物取引合法化を正式に発表した。 規制の明確化を受けた影響もあり、 インドネシアに…

仮想通貨のイベントスケジュール:2月21日更新【フィスコ・ビットコインニュース】

2月22日午後4時:CMEのビットコイン先物2月物SQ(日本時間2月23日1時)2月22日:Slush Tokyo 2019 と リクルートによるオフィシャルサイドイベント「Blockchain Night」(開催地:日本)2月22日-2月23日:スタートアップとテクノロジーの祭典「Slush Tokyo 2019」(開催地:日本)2月23日:2019 ブロックチェーン・アンド・クリプト・カンファレンス(開催地:北米)2月27日:イーサリアム技術アップデート コンスタンチノープル2月27日-2月28…

ヘデラ・ハッシュグラフが運営審議会の初期メンバーを発表

業界と地域を横断した世界トップレベルの企業を含んだ多様な運営審議会の形成に成功 次世代の分散型台帳と称される ヘデラ・ハッシュグラフは本日、 運営審議会初期メンバーの企業名を公開しました。 初期メンバーはドイツテレコム(…

フェースブックCEO、ログインでブロックチェーン活用を検討【フィスコ・ビットコインニュース】

 世界最大のソーシャルネットワーキングサービスを供給するフェースブックのマークザッカーバーグCEOは、「ゆくゆくはフェースブックのログインで、ブロックチェーンを活用する」考えを、ハーバード大ロースクール教授とのインタビューで、明らかにした。フェースブックは昨年5月に、元メッセンジャーの管理職だったデービッド・マーカス氏が率いるブロックチェーンチームを形成し、投資をしてきた。フェースブックにおいてブロックチェーンを活用する最善の方法を探ることを目標としてきた。同社は今月初めに、ブロックチェーン関連企業…

2月20日の仮想通貨市場【フィスコ・ビットコインニュース】

20日のビットコイン(BTC)は、42.7~43.9万円で推移している。円建て価格では44万円、ドル建て価格では4000ドルの節目を前に伸び悩むと、43万円レベルでの値固めの展開となった。ボリンジャーバンドでは、2σと3σの中間で推移。各バンドの幅が拡大しており、荒い値動きが予想される。足元では、米投資会社ヴァンエック(VanEck)のビットコインETFについて、申請書類が19日に米連邦官報の一般閲覧セクションに掲載されたと伝わっている。現地時間20日には正式に公表される予定で、公表から45日以内に…

KTNトークンは取引所に上場しており、革新的な取引モデルを採用して、より安全かつ穏やかである。

会社によると、 KTNトークンはcoinali取引所に上場しており、 KTNのトークンはボトミングの新モデルを採用するという。 ユーザーがKTNトークンを購入するたびに、 それに対応する資金が取引所に戻れ、 保障型のオー…

マネックスグループ、19日の株価は大幅高—仮想通貨上昇で関連銘柄高い—【フィスコ・ビットコインニュース】

子会社コインチェックが仮想通貨交換業を運営するマネックスグループは19日、株価が大幅続伸となり一時436円まで上昇した。ビットコイン(BTC)をはじめとする仮想通貨の価格が上昇していることが背景とみられている。19日のビットコイン相場は、午前9時頃に43.7万円まで上昇。これを背景に、仮想通貨関連銘柄は総じて大幅高となった。取引所SBIバーチャル・カレンシーズを運営するSBIホールディングス、グループで取引所GMOコインを運営するGMOインターネット、取引所マーキュリーを運営するセレス、テックビュー…

米証券取引委員会、最注目のビットコインETF審査開始【フィスコ・ビットコインニュース】

米証券取引委員会(SEC)が、米資産運用会社VanEck社やシカゴ・マーカンタイル取引所(CBOE)などが提出しているビットコインETF(上場投資信託)の審査を2月20日から開始すると発表した。まだ米SECが承認したビットコインなどの仮想通貨ETFはないものの、VanEck版が申請するものは最も承認に近いのではないかとかねてより期待視されてきた。VanEck版は元々は昨年申請されていたが1月に米政府機関の一部閉鎖が長期化していることを理由に申請を取り下げ、閉鎖の解除を受けて1月30日に再度申請された…

三井住友銀行、ブロックチェーンを活用した貿易取引プラットフォームの実証実験を完了【フィスコ・ビットコインニュース】

三井住友フィナンシャルグループの三井住友銀行は18日、三井物産とともに、R3社が開発するブロックチェーン技術を活用した貿易取引プラットフォーム「Marco Polo」の実証実験を完了したと発表した。R3社はブロックチェーン関連技術に強みを持つ米国のフィンテック企業で、分散台帳技術プラットフォームであるCorda(コルダ)の開発を行っている。同社は、金融システムにおけるブロックチェーン活用の研究と開発に関する世界最大規模のコンソーシアムを率いており、金融商品の取引速度やセキュリティの向上、複数の金融機…

テスラCEOのイーロン・マスク、「ビットコインの構造は素晴らしい」と発言【フィスコ・ビットコインニュース】

米電気自動車関連のテスラ社のCEOイーロン・マスク氏が、19日に米運用会社ARK Investのポッドキャストでビットコインについて「非常に素晴らしい構造」であり「紙幣よりもはるかに優れた価値の移転方法だと確信している」と発言した。ビットコインがインターネット上で唯一のネイティブ通貨になるかという質問に答えて、マスク氏は「ビットコインの構造は非常に素晴らしい」と述べつつも、「暗号の欠点の1つは、膨大なエネルギーを必要とすることだ。そのため、仮想通貨の作成にはある種の制約がいるだろう」と話した。また、…

仮想通貨カストディのビットゴー 最大100億円超を補償する保険プランを発表

仮想通貨カストディ(資産管理)を手がけるBitGo(ビットゴー)は、自社のカストディに入る全ての仮想通貨に対して最大1億ドル(約110億円)を補償する保険プランを提供すると発表した。発表によるとビットゴーは、1億ドルの保険プランに加えて、会社役員賠償責任保険や過失怠慢責任保険などの保険も準備。英国のロイズ銀行を通して提供されるという。ビットこゴーの保険は、ハッキングなどによって秘密鍵を失ったり、秘密鍵にダメージがあった時に支払われる。ビットゴーは、ここまで徹底したプランは業界では見当たらないと自信を…

ステーブルコインに「パブリック」チェーンは必要か【フィスコ・仮想通貨コラム】

ブロックチェーンの短い歴史を振り返ると、パーミッションレス(誰でも合意形成に参加できる)のブロックチェーンが本当に必要なのかと思うプロジェクトがあふれている。最大のプレーヤーであるビットコインは、確かにパーミッションレスでなければならない。ただし、ほかの多くのプロジェクトは、実際はそうでもないようだ。例えば、昨年はイーサリアムベースのステーブルコイン(法定通貨などと連動する仮想通貨)が次々に登場した。ステーブルコインの主流だったテザーが発行するUSDTトークン(米ドルと連動するトークン)に変わって、…

米株式市場で仮想通貨関連株が上昇、BTC4000ドル迫る回復で【フィスコ・ビットコインニュース】(訂正)

下記のとおり修正します。(誤)KPMコイン}(正)JPMコイン} 仮想通貨ビットコインは19日も続伸し、再び4000ドルを目指す展開となった。米銀大手JPモルガン銀行が顧客向け決済の効率化を目指し独自の仮想通貨(JPMコイン)の発行を発表するなど、機関投資家による仮想通貨市場参入への期待が買い材料になったと見られている。ビットコイン価格が1カ月超ぶりの高値を更新したことに連れて、米国株式市場では仮想通貨関連株の上昇が目立つ。ライオットブロックチェーン株は最大で+71%、マラソンパテントグループは+4…

BLACKSTAR CAPITAL LTD.は米国証券取引委員会の Sources Sought Notice に協力の申し出を行いました。

BLACKSTAR CAPITAL LTD. ( CEO:平井政光 英・ロンドン)は2月19日、 米国証券取引委員会(以下SEC)*が、 去る1月31日付けに募集した ブロックチェーンデータに関するSources Sou…