仮想通貨のすべてがわかる「エックスコイン・オンライン」

FRBパウエル議長、仮想通貨リブラについて言及「利点もあるがリスクもある」【フィスコ・ビットコインニュース】

米連邦準備理事会(FRB)のパウエル議長は、19日に開かれた米連邦公開市場委員会(FOMC)後の記者会見で、フェイスブックが発表した独自仮想通貨「Libra(リブラ)」について、「広範囲な有用性を持つ通貨は利点もあるがリスクもある」と指摘したことが、日経新聞の報道により明らかとなった。同報道によれば、FRBは「リブラ」発表前からフェイスブックと議論していたこともわかったという。「リブラ」のような仮想通貨によって、金融政策が実施できなくなる可能性については、「あまり懸念していない」と答えたと報じられて…

仮想通貨リブラに対する米上院公聴会が7月16日に予定、その狙いは【フィスコ・アルトコインニュース】

発表された2日目の仮想通貨リブラは、米国会上院の銀行委員会による公聴会が7月16日に開かれる予定だ。同委員会の公式ページに掲載されている。「フェイスブックが提案するデジタル通貨とデータプライバシーの検討事項」と題されたこの公聴会は7月16日、23:00に予定されている。なお現時点では、公聴会に参加する証人については発表されていない。この公聴会が決まったタイミングとして、複数の要因があると考えられる。まず5月に、この上院銀行委員会がリブラに関する公開書簡をフェイスブックのCEOザッカーバーグ氏宛てに送…

暗号資産取引所Huobi(フォビ)の特徴その1:ビットコイン建て通貨ペアの流動性の高さ

フォビジャパン株式会社(東京都港区、 代表取締役会長:陳 海騰、 代表取締役社長:閏間 亮、 https://www.huobi.co.jp/ )は、 Huobi(フォビ)グループが5年以上培った暗号資産(仮想通貨)取引…

ビットコインやリップルなど8銘柄の仮想通貨を監査するツール、PwC社が発表【フィスコ・ビットコインニュース】

四大会計事務所の1つである米国のPwC社が、仮想通貨取引を監査できるソフトウェアをリリースすることが明らかになった。仮想通貨の保証サービスを提供する企業でも活用ができるという。健全な管理が必要である仮想通貨業界において、今回発表されたソフトウェアの強みは2点挙げられる。まずは、プライベートキーと公開アドレスをセットにして、それを企業が独立して永久に保管ができることだ。これによってそれぞれの仮想通貨の所有者が誰なのかを明確にすることが可能となる。2つ目は、ブロックチェーンの管理に該当する。ブロックチェ…

仮想通貨のイベントスケジュール:6月20日更新【フィスコ・ビットコインニュース】

6月21日-6月22日:AI ブロックチェーン・サミット(開催地:北米)6月24日-6月27日:ザ・セントラル・バンク・ペイメンツ・カンファレンス(開催地:ドイツ)6月25日:トークナイズド・アセッツ・シンガポール(開催地:シンガポール)6月25日-6月26日:ビットコイン2019(開催地:北米)6月25日-6月30日:2019 インターナショナル・カンファレンス・オン・ブロックチェーン(開催地:北米)6月27日-6月28日:デジタル・アセット・マネージメント・ヨーロッパ 2019(開催地:イギリス…

FB株反落、政府関係者が「Libra」規制を呼びかける【フィスコ・ビットコインニュース】

 19日のニューヨーク株式市場でソーシャルネットワーキングサービス最大手、フェイスブック(FB)株は反落した。同社は18日、仮想通貨「Libra」発行計画を発表。メンバー25億人の利用を見越し新たな主要収益源になるとの投資家の期待から、同社株は上昇た。しかし発表直後、経済に与える影響も大きいと見た政府関係者からは、規制当局者が精査するまで開発を中断するよう要請する声も強まった。米下院金融サービス委員会の委員長、民主党のマキシン・ウォーターズ議員はフェイスブックに対し、議会や規制当局が製品を審査するま…

大石哲之:フェイスブックの新たな仮想通貨Libraについて【フィスコ・仮想通貨コラム】

以下は、フィスコ客員アナリストの大石哲之(「ビットコイン研究所)」代表、ツイッター@bigstonebtc)が執筆したコメントです。フィスコでは、情報を積極的に発信する個人の方と連携し、より多様な情報を投資家の皆様に向けて発信することに努めております。—-※2019年6月19日に執筆フェイスブックとその企業連合が主導する仮想通貨Libraの詳細があきらかになった。筆者は、Libraが法定通貨にペグし、主にフェイスブックと提携企業内の経済圏を強化していくためのどちらかというとより使い勝手のよいポイ…

フェイスブックの新仮想通貨リブラ、銀行口座を持たない層がターゲット【フィスコ・仮想通貨コラム】

フェイスブックが18日、独自の仮想通貨リブラ(Libra)の構想を明らかにした。フェイスブックの子会社として新設されるカリブラ(Calibra)で2020年に新仮想通貨リブラを管理するためのデジタル・ウォレットサービスを提供し、フェイスブックのメッセンジャーやワッツアップなどで利用できるようになる。リブラの独立系コンソーシアムとなるリブラ・アソシエーションには、クレジットカード大手のビザ、マスターカード、決済サービスのペイパルの他、配車サービスのウーバーやリフト、またイーベイやブッキングドットコム、…

シカゴ・オプション取引所、仮想通貨ビットコイン先物提供を6月20日で終了【フィスコ・ビットコインニュース】

米大手デリバティブ取引所である、シカゴ・オプション取引所(CBOE)は明日19日、「ビットコイン(BTC)」先物の提供を取りやめる。Cboeは3月中旬、先物契約の更新をしない方針を表明していた。2017年12月18日にサービス開始して以来、わずか1年半での撤退を余儀なくされたことになる。取引数の低下によるデリバティブ事業の見直しを原因として挙げた。なお、ビットコイン先物のサービス提供停止によって、Cboeが並行して進めるプロジェクト「ビットコインETF」には直接的な影響はでないものと見られている。一…

「TEAMZブロックチェーンサミットAsia」がマレーシアのクアラルンプールで成功裏に閉幕!

今年4月、大盛況で幕を閉じた虎ノ門ヒルズでのサミットに続き、初の海外進出となったマレーシアのサミットも大きな注目を集めました。 「TEAMZブロックチェーンサミットアジア」が6月13日、 TEAMZとLEGNACAPが主…

日本セキュリティトークン協会、米セキュリタイズ社と基本合意書を締結【フィスコ・ビットコインニュース】

セキュリティトークンを用いたエコシステムの構築を推進する一般社団法人日本セキュリティトークン協会(JSTA)は18日、セキュリティトークンのプラットフォームを提供する米Securitize(セキュリタイズ)社と、ブロックチェーンを活用したセキュリティトークンに関する課題解決を目的とした日本国内での活動について、基本合意書を締結したと発表した。今後、JSTAとセキュリタイズ社は、共同で国内の銀行や証券会社といった金融機関や規制当局と協力しながら、セキュリティトークンの課題を明らかにし、その課題解決方法…

米金融サービス委員会理事、フェイスブックの仮想通貨開発の一時中止を要求【フィスコ・ビットコインニュース】

米国会下院の金融サービス委員会 Maxine Waters理事長は19日、フェイスブックが開発を手がける仮想通貨「リブラプロジェクト」の一時中止を求めた。国家や国民におけるリスクを懸念、国会や規制当局の調査が終わるまで開発を停止するよう要求した。米有力メディアCNNなどが報じた。Maxine Waters理事長が、リブラのプロジェクトの開発を一時的中止するよう要求したものは、Waters理事長が出した声明文であり、現段階では法的な拘束力はない。なお、フェイスブック社のCEOら役員に対する公聴会の開催…

米投資アナリストがフェイスブック参入の重要性を解説【フィスコ・ビットコインニュース】

米国の投資運用ファンドの研究責任者で投資アナリストを兼任するトム・リー氏は、フェイスブック社から発表された仮想通貨リブラ(Libra)について、仮想通貨市場にとって前向きな動きであると捉え、強気相場にあるビットコインは今後「余裕で最高価格を更新する」とCNBCの投資番組でCNBCの投資番組にて言及した。米国発の4大大手IT企業GAFAの一角にあるフェイスブック社が、独自の仮想通貨を公表した事は、「主流企業が仮想通貨にも着目していることを完全に裏付ける事例」として、業界外からの認識に変化が生じるポイン…

米下院金融サービス委員会の委員長がFBに仮想通貨の開発中断を要請【フィスコ・仮想通貨速報】

米下院金融サービス委員会の委員長、民主党のマキシン・ウォーターズ議員はフェイスブックに対し、議会や規制当局が製品を審査するまで、新たな仮想通貨の開発を中断するよう要請した。また、製品に関する同社幹部の議会証言が必要だと加えた。…